当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneを就寝時に充電する方法

コンセント iOS

iPhoneには[バッテリー充電の最適化]と呼ばれる機能が搭載されておりフル充電の時間が短くなるようにしてくれるので、「就寝時に充電している」と言う人は、機能をオンにしておくとバッテリーの劣化を抑えられるかもしれません。ただし、「バッテリーが100%にならない」「バッテリーが80%で止まる」と言った弊害があるので注意してください。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。

バッテリーの充電と劣化

iPhoneなどに使われているリチウムイオン電池は「フル充電の状態にしておくと劣化する」と言われており、充電が完了したらすぐに停止するのが推奨されています。

しかし、就寝中などに充電を行っていると何時間もフル充電の状態になってしまうので、iPhoneではバッテリー充電の最適化と呼ばれる機能によって習慣を記録しフル充電の時間が短くなるように調節が行われるようになっています。

また、[80%]までは通常通りに充電を行い、それ以降は毎日の傾向を元に使い始める直前に[100%]になるように充電量を調節するので、イレギュラーな起床をした場合でも充電時間が充分であれば80%以上に充電された状態で使い始めることができます。

バッテリー充電の最適化を設定する手順

普段から長い時間を過ごしている場所(自宅や職場など)でしか働かないようになっているため、事前に位置情報の設定が必要です。

位置情報の設定をする

  1. 設定より【プライバシー】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定

  2. プライバシーより【位置情報サービス】をタップします。

    iPhone→設定→プライバシー

  3. 位置情報サービスをオンにします。

    iPhone→設定→プライバシー→位置情報サービス

  4. 位置情報サービスより【システムサービス】をタップします。

    iPhone→設定→プライバシー→位置情報サービス

  5. システムサービスの[システムカスタマイズ]をオンにします。

    iPhone→設定→プライバシー→位置情報サービス→システムサービス

  6. システムサービスより【利用頻度の高い場所】をタップします。

    iPhone→設定→プライバシー→位置情報サービス→システムサービス

  7. 利用頻度の高い場所をオンにします。

    iPhone→設定→プライバシー→位置情報サービス→システムサービス→利用頻度の高い場所

バッテリー充電の最適化を変更する

  1. 設定より【バッテリー】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定

  2. バッテリーより【バッテリーの状態】をタップします。

    iPhone→設定→バッテリー

  3. バッテリーの状態より[バッテリー充電の最適化]のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→設定→バッテリー→バッテリーの状態

バッテリー充電の最適化を設定するやり方は以上です。

最適化されたバッテリー充電をオフにすると、充電の制御が行われなくなるため就寝時など長時間の充電には充分に注意してください。

タイトルとURLをコピーしました