iPhoneのカメラで撮影時に明るさを調整する方法

スポンサーリンク
iPhone→カメラ iOS

iPhoneのカメラは比較的に優秀で、様々な調整を自動で行い可能な限り綺麗に撮影をしてくれますが、それでも夜や屋内など光量が足りない場所では暗く写ってしまったり、逆に明るすぎてしまう場合があります。撮影後に修正しても良いですが、撮影する際に調整することもできます。

Androidスマートフォンでも同様のことが可能です。
スポンサーリンク

太陽のアイコンはなに?

iPhoneのカメラはスマホ画面に映し出された『被写体』をタップすることでピント明るさなどが自動調整されるようになっています。

このとき、タップした箇所に “枠” と共に太陽のアイコンが表示されますが、これは明るさを手動で調整するためのものです。

基本的には他の操作をすることなく綺麗な写真(画像)を撮影することができますが、明暗がはっきりした場所などでは「明るすぎる」「暗すぎる」と言うことになる場合があるので、このような時には手動で微調整をすることができます。

撮影前に明るさを調整する手順

  1. カメラより “被写体” をタップします。

    iPhone→カメラアプリ

  2. 表示された “枠” の隣にある『太陽アイコン』を上下にスライドします。
    上にスライドすると明るく、下にスライドすると暗くなります。

    iPhone→カメラアプリ→明るさ調整

撮影前に明るさを調整するやり方は以上です。

撮影後に修正する場合には修正しきれないことも多いので、ピントを合わせたら明るさもチェックしベストな状態で撮影するのが好ましいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました