iPhoneで使っていないアプリを自動的に取り除く方法

スポンサーリンク
iPhoneの操作 iOS

長くiPhoneを使っていると使っていないアプリが出てくることがありますが、iPhoneには「非使用のAppを取り除く」と言う機能が搭載されており、内部ストレージの容量を確保することができるようになっています。取り除くと言ってもアンインストールするわけでは無く、アプリ内のデータは保存されたままにすることができます。

スポンサーリンク

非使用のAppを取り除く設定の手順

  1. 設定より『iTunes StoreとApp Store』をタップします。

    iPhone→設定

  2. iTunesとApp Storeより『非使用のAppを取り除く』のオン/オフを切り替えます。
    オンにすることで自動的に取り除かれるようになります。

    iPhone→設定→Apple ID→iTunes StoreとApp Store

非使用のAppを取り除く設定のやり方は以上です。

手動でAppを取り除く手順

  1. 設定より『一般』をタップします。

    iPhone→設定

  2. 一般より『iPhoneストレージ』をタップします。

    iPhone→設定→一般

  3. iPhoneストレージより『(対象のアプリ)』をタップします。

    iPhone→設定→Apple ID→iTunes StoreとApp Store→iPhoneストレージ

  4. 対象のアプリより『Appを取り除く』をタップします。

    iPhone→設定→一般→iPhoneストレージ→アプリ

手動でAppを取り除くやり方は以上です。

アプリを取り除くメリット

不要なアプリはアンインストール(削除)するのがベストですが、中には「いつか使うかもしれない」「データを保存しておきたい」と考える人も居るでしょう。

アンインストールするとアプリ内に保存されているデータも削除されてしまいますが、取り除くとデータは残りますし、アプリアイコンも表示されたままとなります。

取り除いた後に使いたくなった場合には、他のアプリと同様にタップすると自動的にダウンロードされアプリが元通りに起動するようになります。

タイトルとURLをコピーしました