iPhoneのホーム画面でアプリアイコンの表示を編集する方法

スポンサーリンク
iPhoneの操作 iOS

iOS14より登場した “Appライブラリ” によって、ホーム画面に全てのアプリアイコンを表示する必要が無くなりました。そのため、ユーザーの好みに合わせてホーム画面に表示するアプリアイコンを取捨選択できるようになっています。

スポンサーリンク

ホーム画面とAppライブラリ

iOS14より登場したAppライブラリとは、インストール済みのアプリを一覧で表示する画面であり、ホーム画面の一番右ページに配置されています。Androidスマートフォンを使ったことがあれば「ドロワー(ドロアー)」と言えばイメージしやすいでしょう。

iOS13までは、インストール済みのアプリは、ホーム画面に全てのアイコンが表示されていましたが、Appライブラリによってホーム画面にアイコンが表示されていなくとも問題が無くなりました。

そのため、iOS14ではアプリをアンインストールすることなく、アイコンを “ホーム画面” と “Appライブラリ” で行き来させることで、ホーム画面に任意のアイコンのみを表示することができるようになっています。

ホーム画面からAppライブラリへ移動する手順

  1. ホーム画面の『(何も無い所)』をロングタップ(長押し)します。
    アプリのアイコンをロングタップして、メニューより『ホーム画面を編集』をタップしても同様です。

    iPhone→ホーム画面

  2. ホーム画面の編集より『(対象のアイコン)〇に-』をタップします。

    iPhone→ホーム→編集

  3. ダイアログより『Appライブラリへ移動』をタップします。

    iPhone→ホーム画面→編集→アプリ→ダイアログ

ホーム画面からAppライブラリへ移動させるやり方は以上です。

Appライブラリからホーム画面へ移動する手順

  1. Appライブラリより『(対象のアプリアイコン)』をロングタップ(長押し)します。
  2. 画面に2度の変化が起きたらドラッグ(タップしたまま動かす)します。
    1度目に “メニュー” が表示された後にロングタップし続けると、2度目にアイコンへ “×” が表示されます。メニューが表示された状態でもドラッグできますが、誤操作しやすいので “×” が表示されるまで待つのがオススメです。

    iPhone→Appライブラリ

Appライブラリからホーム画面へ移動するやり方は以上です。

ダウンロード&インストールしたアプリのアイコンをデフォルトで表示させないよう設定することもできます。

iOSアプリのインストール後にホーム画面に追加するか設定する方法
iOS14よりAndroidで言うところの「ドロワー(ドロアー)」が使えるようになりました(Appライブラリ)。このため、ホーム画面にダウンロードアプリのアイコンを表示しないよう設定することも可能です。
タイトルとURLをコピーしました