iPadにおける “Wi-Fiモデル” と “Wi-Fi + Cellularモデル” の違いとは?

iPadシリーズには “Wi-Fiモデル” と “Wi-Fi + Cellularモデル” の大きく2つがありますが、その名の通りの違いの他にも細かな違いが存在しているので注意が必要です。

スポンサーリンク

Wi-FiとCellularとは?

Wi-Fiとは無線LANのことで、家庭や会社はもちろん街中のWi-Fiスポットなどの電波を利用してインターネット接続を行う機能です。

Cellular(セルラー)とはモバイル回線のことで、NTTドコモを始めauやソフトバンクなどのキャリアと契約して4Gや3Gによるインターネット接続を行う機能です。ただし、iPadのようなタブレットの場合には音声通話はできずデータ通信専用となっているものが多いです。

iPadシリーズでは “Wi-Fiモデル” と “Wi-Fi + Cellularモデル” の2つが販売されていることが多いですが、その名のとおり「Wi-Fiのみが使える」「Wi-Fiとモバイル回線(Cellular)が使える」モデルとなっています。

このため、スマートフォンを持っているとテザリングやiPhoneのInstant Hotspot機能によってインターネット接続が可能であるため “Wi-Fiモデル” を購入する傾向が高いかもしれませんが “Wi-Fiモデル” と “Wi-Fi + Cellularモデル” には、回線の違いの他にも違いが存在しているので注意が必要です。

モデルによる違いとは?

前述したように、iPadの “Wi-Fiモデル” と “Wi-Fi + Cellularモデル” では「モバイル回線(Cellular)が使えるか否か」の違いがあります。この違いによって生まれてくる違いが位置情報サービス(GPSなど)です。

スマートフォン/タブレットなどに搭載されている位置情報サービスは、測位のスピードを向上させるためにアシストGPS(A-GPS)機能が搭載されていることが多いです。このA-GPSは、モバイル回線を用いてGPSなどの位置情報を補助(アシスト)するので、モバイル回線の無い “Wi-Fiモデル” では使うことができないため、場合によっては「測位に時間がかかる」「測位が遅い」と言った懸念があります。

これが直接的な理由かは定かではありませんが、iPadの “Wi-Fiモデル” には “GPS” などの位置情報サービスが搭載されておらず、地図アプリや位置情報を用いるゲームアプリなどの利用時に支障が出る場合があります。ただし、Wi-Fiアクセスポイントを使った位置の測位は可能なので、全く位置情報が取得できないわけではありません。

逆に「モバイル回線が無い」「位置情報サービスが無い」と言うことから、それらが消費する電力を必要としないために “Wi-Fiモデル” の方がバッテリーの持ち時間が長くなることが期待できるかもしれません。

また、細かい点ですが本体に物理的に搭載している部品の違いにより、本体の重さにも少なからず違いがでる場合もあります。

購入に際して

この差によって価格にも差が出ており、Wi-Fiモデルの方が比較的に安価に設定されていることが多いです。

安いほうが手を出しやすいですが「モバイル回線が必要か?」の他に「位置情報サービスが必要か?」をしっかりと考察したほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました