iPadのホーム画面にウィジェットを表示する方法

スポンサーリンク
iOSデバイス iOS

iPadOS 13を搭載したiPadシリーズでは、これまで別に表示されていた “ウィジェット” をホーム画面に表示させることができるようになりました。

スポンサーリンク

ホーム画面とウィジェット

これまでの “ウィジェット” は、一番左のホーム画面において左から右へスワイプすることで表示していました。

iPhoneシリーズでは変わらずですが、iPadOSとなったiPadシリーズでは「従来のウィジェット表示」と「ホーム画面にウィジェットを表示」の切り替えができるようになりました。

ただし、iPadは横にして表示する必要があり、縦にすると従来と同じ操作が必要となります。

ホーム画面のレイアウトを変更する手順

  1. 設定の “画面表示と明るさ” より『ホーム画面のレイアウト』を選択します。
    『多く』を選択するとホーム画面にウィジェットが表示されます。従来通りに戻したい場合は『大きく』を選択します。

    iPad→設定→画面表示と明るさ→ホーム画面のレイアウト

  2. ウィジェットを表示するには、一番左のホーム画面において左から右へスワイプします。

    iPad→ホーム画面→ウィジェット

ホーム画面のレイアウトを変更するやり方は以上です。

日付や時刻なども大きく表示されるので、いちいち操作することなく1画面で見られるようになります。

また、どこか懐かしく感じるのはタブレット専用だった “Android 3.0 Honeycomb” の影響かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました