iPhoneのテザリングを自動でオンにする方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

iPhone/iPadなどのiOSデバイスには “Instant Hotspot(インスタント ホットスポット)” と呼ばれる機能があり、接続するデバイス(iPadやMacなど)から遠隔操作して自動的にインターネット共有(テザリング)をオンにすることができます。

スポンサーリンク

Instant Hotspotとは?

Instant Hotspot(インスタントホットスポット)はiOS8.1より搭載された機能で、接続するデバイス(iPadやMacなど)を操作して接続されるデバイス(iPhoneなど)のインターネット共有(テザリング)をオンにすることができます。

例えば、iPhoneをアクセスポイント(接続されるデバイス)としてiPad(接続するデバイス)をインターネットへ接続する場合、iPadを操作することでiPhoneのインターネット共有をオンにして、インターネットへ接続することができます。iPhoneを操作する必要は無いため、カバンの中やポケットの中に入れたままでも、テザリングを使うことができます。

このInstant Hotspotは、iOS8.1以降を搭載したiPhoneiPadを始め、OSX10.10 Yosemite以降のMacが対応しています。今回は例として “iPad” から “iPhone” のインターネット共有(テザリング)をオンにしますが、条件が揃えばiPhone同士などでも問題はありません。

事前準備

接続する/接続されるデバイスの両方で設定します。
  • 接続する/接続されるデバイスの両方に同じ Apple ID を設定します。

    iPad→設定→Apple ID

  • 接続する/接続されるデバイスの両方で “Bluetooth” をオンにします。
    ペアリングする必要はありません。

    iPad→設定→Bluetooth

Instant Hotspotで接続する手順

接続するデバイス(iPadやMacなど)で設定します。
  1. 設定の “Wi-Fi” より『(インターネット共有の項目)』をタップします。

    iPad→設定→Wi-Fi

Instant Hotspotの使いかたは以上です。

iPhoneを始めiPadやMacでしか使えないのは残念ですが、Bluetoothをオンにしておく必要があるため、Bluetoothテザリングを使えばWindowsでも似たようなことが可能かもしれません。

参考 iPhoneのテザリングでインターネットに接続する方法

タイトルとURLをコピーしました