iPhoneで文字入力時にカーソルを移動させる方法

スポンサーリンク
Apple製品 Tips

iPhoneで文字入力をする際に入力位置を示すカーソルが表示されますが、ソフトウェアキーボードにはカーソルを移動するためのキーが無いことからカーソル移動が非常に面倒です。しかし、キーは表示されていないもののカーソルを移動させることは簡単にできるようになっています。

スポンサーリンク

カーソル移動が難しい

iPHoneで文字入力をする際、入力ミスや誤変換などによって文字列の一部を編集するのが非常に大変です。これはiPHoneのソフトウェアキーボードにカーソルを上下左右に動かす専用キーが備わっていないことが原因にあります。

そのため、カーソルを移動させるには対象の位置を「指でタップする」と言う操作が必要でしたが、狙った場所へカーソルを置くのが非常に難しくストレスが溜まってしまいます。

しかし、iPhone 6sなどに搭載された3D Touch機能によってIME上でカーソルを上下左右に動かすことができるようになりました。また、iOS12より3D Touchを搭載していないiPhone 5sなどでも使えるように機能の改善が行われています。

カーソルを移動させる手順

  1. iPhoneのキーボード上を『軽く押し込む』または『スペース(空白)キーをロングタップ(長押し)する』を行います。

    iPhone→キーボード

    押し込む動作は3D Touchによる操作なので、iPhone 5sなどでは『スペース(空白)キーをロングタップ』で操作します。
  2. キーボード上の文字が全て消えたら『指を上下左右にスライド』するとカーソルが移動します。

    iPhone→キーボード→カーソル

カーソルを移動させるやり方は以上です。

3D Touchの使えないiPhone 5sなどでは長らくストレスのたまるキーボードでしたが、ロングタップによって代用できるようになったので便利になりました。