iPhoneの文字入力アプリを変更する方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

iPhoneでは標準でIME(日本語入力アプリ)がプリインストール(プレインストール)されており、長らく標準以外は使えませんでしたが、昨今では別のサードパーティー製アプリも使えるようになりました。

スポンサーリンク

iPhoneの文字入力

iPhoneでは、プリインストール(プレインストール)されている標準のIME(日本語入力アプリ)を使うことが多いですが、長いこと使われている割には不満点も多いのが特徴です。特にカーソルを移動させるキーが無いなどパソコンやAndroidスマートフォンを使った経験のあるユーザーからすると「使いにくい」の一言につきます。

iPhone→キーボード

長らく標準のIMEしか使えなかったiPhoneですが、昨今では標準以外のアプリもダウンロード&インストールすることで使えるようになりました。そこで今回は、Googleが提供するIME “Gboard” をiPhoneで使ってみました。

Gboardを使えるようにする手順

アプリはあらかじめダウンロード&インストールしておきます。

アプリ ‎「Gboard」をApp Storeで

キーボードの許可

  1. 設定より『Gboard』をタップします。

    iPhone→設定

  2. Gboardより『キーボード』をタップします。

    iPhone→設定→Gboard

  3. キーボードより『Gboard』と『フルアクセスを許可』をオンにします。

    iPhone→設定→Gboard→キーボード

キーボードの切り替え

  1. iPhoneの仮想キーボードより『地球儀アイコン』をロングタップ(長押し)します。

    iPhone→キーボード

  2. 表示されたメニューより『Gboard』をタップします。

    iPhone→キーボード→メニュー

  3. IME(日本語入力アプリ)が “Gboard” に切り替わります。

    iPhone→Gboard

Gboardを使えるようにするやり方は以上です。

Gboardは無料でダウンロード&インストールできますが、ATOKなど有料のアプリもあります。使い勝手はそれぞれのアプリによって異なため、自分にとって使いやすいアプリを探してみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました