iPhoneの写真アプリで特定の画像を非表示にする方法

スポンサーリンク
カメラ アプリ

iPhoneを使って撮影された写真(画像)は、すべて “写真” アプリから閲覧することができますが、それらの中に見られたくない写真があれば隠しておきましょう。

スポンサーリンク

写真アプリの挙動

iPhoneのカメラで撮影した写真はもちろん、スクリーンショットなどで撮られた画像は、写真アプリで一括管理され閲覧することができるようになっています。

個人的に利用する分には何の問題も無い仕様ではありますが、写真(画像)は「他人に見せる」と言う場合もあり、見られたくない写真(画像)が混ざっていると困ったことになります。

パソコンなどへ移動させiPhoneの内部ストレージからは削除してしまえば良いでしょうが、それが出来ない場合には非表示にすると良いでしょう。

非表示にする手順

  1. 写真アプリの “写真” より『選択』をタップします。

    iPhone→写真アプリ→写真

  2. 対象の写真(画像)を選択し『共有アイコン』をタップします。

    iPhone→写真アプリ→写真→選択

    画面の左下にあるアイコンです。
  3. 表示された共有ダイアログより『非表示』をタップします。

    iPhone→共有

    並んだアイコンを右から左へスワイプすると表示されます。

写真(画像)を非表示にするやり方は以上です。

非表示にした写真(画像)は内部ストレージから削除されたわけでは無く “非表示” アルバムに移動しているだけなので、簡単に再表示させることが可能です。

再表示する手順

  1. 写真アプリの “アルバム” より『非表示』をタップします。

    iPhone→写真アプリ→アルバム

  2. 対象の写真(画像)を選択し『共有アイコン』をタップします。

    iPhone→写真アプリ→写真→選択

    画面の左下にあるアイコンです。
  3. 表示された共有ダイアログより『再表示』をタップします。

    iPhone→共有

    並んだアイコンを右から左へスワイプすると表示されます。

非表示にした写真(画像)を表示するやり方は以上です。

このように非表示にした写真(画像)でも簡単に再表示させることが可能なので、やり方を知っている人であれば非表示に指定した写真(画像)を閲覧できてしまうことに注意してください。

参考 Androidスマホでアルバムなどから画像を非表示にする方法