iPhoneで写真のジオタグから地図を表示する方法

スポンサーリンク
地球儀 アプリ

iPhoneなどのスマートフォンでは、位置情報サービス(GPSなど)を使って撮影した写真(画像)の場所を記録することができますが、記録された位置情報はアプリを使ってGoogleマップなどの地図アプリで表示させることができます。

スポンサーリンク

写真と位置情報

iPhoneを始めとしたスマートフォンにはカメラ機能が搭載されていることが多く、普段から何気なく利用している人も多いでしょう。また、GPSなどを用いた位置情報サービスを使って現在地を特定することもできるようになっています。

これらの “写真” と “位置情報” は組み合わせることができ、位置情報サービスの機能を持つデバイス(スマートフォンなど)で撮影された写真(画像)には、撮影場所の位置情報を記録することができ、記録された位置情報はGoogleマップなどの地図アプリを用いて表示させることができます。

iPhoneでは、標準機能としては搭載されていないようですが、別途にアプリをダウンロード&インストールすれば、画像に記録された位置情報を地図上に表示させることができます。

アプリ ‎「Exif Viewer by Fluntro」をApp Storeで

これはジオタグと呼ばれ、iPhoneはもちろん多くのスマートフォンで利用可能な機能ですが、その特徴から必要ない場合にはオフをオススメします。
参考 iPhoneで位置情報サービスの稼働を最小限にする方法

写真の位置情報を地図に表示する手順

  1. アプリの “全ての写真” より『(対象の画像)』をタップします。

    iPhoneアプリ→Exif Viewer by Fluntro

  2. 画像の “地図の場所” より『地図アプリで開く』をタップします。
    Googleマップアプリがダウンロード&インストールされている場合には “Apple Maps” か “Google Maps” かを選択できます。

    iPhoneアプリ→Exif Viewer by Fluntro

写真の位置情報を地図に表示するやり方は以上です。

旅先などで撮影した写真にジオタグをつけておくと、思い出になるかもしれません。

参考 Androidスマホで写真のジオタグから地図を表示する方法

タイトルとURLをコピーしました