紛失したiPhone/iPadを探す方法

スポンサーリンク
マップ 設定

iPhoneには “iPhoneを探す” と言う機能が搭載されており、紛失や盗難などのトラブルにあった場合でも、本体に搭載された位置情報サービス(GPSなど)を利用して、その場所をマップ上に表示させることができます。

スポンサーリンク

“iPhoneを探す” とは?

Appleが提供しているiCloudに備わっている機能(サービス)の一つです。その名に反してiPhone、iPad、iPod touchだけでなくMacにも対応し、紛失や盗難にあった際に本体の所在地を検出して地図上に表示させることができます。また、必要に応じて様々な対処を実行することもできます。ただし、事前に設定が必要なので事が起きる前に設定しておきましょう。

Web→iCloud→iPhoneを探す

“iPhoneを探す” を有効にする手順

  1. 設定より『Apple ID、iCloud、iTunes Store』をタップします。

    iPhone→設定

  2. Apple IDより『iCloud』をタップします。

    iPhone→設定→Apple ID

  3. iCloudより『iPhoneを探す』をタップします。

    iPhone→設定→Apple ID→iCloud

  4. iPhoneを探すよりオンに設定します。

    iPhone→設定→Apple ID→iCloud→iPhoneを探す

    画像はオンの状態です。
    必要に応じて『最後の位置情報を送信』も設定しておきましょう。

iPhoneの “iPhoneを探す” を有効にするやり方は以上です。

iPhoneを探す手順

  1. Webブラウザより “iCloud.com” へアクセスしログインします。

    Web→iCloud→サインイン

    Apple IDとパスワードはiPhoneに設定されているものを入力します。
  2. iCloudより『iPhoneを探す』をクリックします。

    Web→iCloud

  3. マップが開きiPhoneの位置が表示されたら “すべてのデバイス” より『(探したいiPhoneの名前)』を選択します。

    Web→iCloud→iPhoneを探す

  4. 表示されたメニューより『サウンド再生』『紛失モード』『iPhone消去』などの操作を行います。

    Web→iCloud→iPhoneを探す

iPhoneを探すやり方は以上です。

iPhoneなどのスマートフォンは個人情報の塊です。普段からロックをかけていても、どんな手段で解除できてしまうかわからないので、イザと言う時に対処できるようにしておきましょう。