iPhoneで連絡先を交換する方法

スポンサーリンク
受話器 Tips

携帯電話(ガラケー)の時代には “赤外線通信” が主流だった連絡先の交換も、スマートフォンが主流となった昨今では様々な方法が登場しています。

スポンサーリンク

連絡先とは?

連絡先とは主に “電話番号” や “メールアドレス” など、スマートフォンの連絡先アプリに登録されている内容を指します。

iPhone→アプリ→連絡先

連絡先の交換手順

あらかじめ、連絡先アプリに自分のデータを登録しておく必要があります。
参考 iPhoneの連絡先に自分自身の情報を登録する方法

iPhone同士での交換

iOS7以上であれば “AirDrop” と呼ばれる機能によって簡単に交換することができます。また、送受信は “Bluetooth” を介して行われるのでオンにする必要があります。

受信の準備

  1. コントロールセンターより『Wi-Fiなどのエリア』をロングタップします。

    iPhone→コントロールセンター

    コントロールセンターは、液晶ディスプレイの下端から上へスワイプすると表示されます。
    ロングタップするのは “機内モード” を始め “モバイルデータ通信” や “Wi-Fi” に “Bluetooth” などが表示されているエリアです。
  2. 拡大したエリアより『AirDrop』をタップします。

    iPhone→コントロールセンター→ネットワーク

  3. AirDropより『すべての人』をタップします。

    iPhone→コントロールセンター→ネットワーク→AirDrop

送信の操作

  1. 連絡先アプリより『自分のカード』をタップします。
    参考 iPhoneの連絡先に自分自身の情報を登録する方法

    iPhone→アプリ→連絡先

  2. 自分のカードより『連絡先を送信』をタップします。

    iPhone→アプリ→連絡先

  3. 送信手段の “AirDrop” より『(送信する相手)』をタップします。

    iPhone→共有

iPhone同士で連絡先を交換するやり方は以上です。

iPhoneとAndroidでの交換

iPhoneとAndroidなどOSが異なるスマートフォンでは連絡先の交換が困難を極めます。以前であれば、連絡先交換アプリを使うのが一般的で “Bump” と呼ばれる老舗のアプリがありましたが、残念ながらサービスは終了してしまいました。このため、電話番号だけで送受信できる “SMS” などを使って連絡先の交換をするのが簡単かもしれません(電話番号のみ手動で交換する必要がある)。

参考 iPhoneでSMSを送受信する方法


iPhoneもAndroidも昨今の比較的に新しい機種では “NFC” を搭載しているので、NFCを使った連絡先のやり取りができるようになるかもしれません。ただ、2015年5月現在では、iPhoneとAndroidでのNFC通信はできないようなので今後に期待したい機能の一つです。