iPhoneのアクティベーションロックを遠隔操作で解除する方法

スポンサーリンク
Apple製品 Tips

何らかの理由によってiPhoneがアクティベーションロックされてしまった場合には、設定されていたApple IDを入力することによって無効にできますが、iPhone本体が手元に無い場合には遠隔操作によってロックを解除することが可能です。

スポンサーリンク

なぜ、アクティベーションロックされるのか?

アクティベーションロックとは、iPhoneなどのiOSデバイスを「紛失」したり「盗難」されたりした場合でも、第三者によって利用できないようにする為の機能です。

通常であれば、iPhoneを初期化する際などに、前もってiCloud(Apple ID)からサインアウトすればアクティベーションロックされることは無いですが、何らかの理由によってサインアウトせずに消去した場合には、アクティベーションロックされてしまう可能性があります。

この場合、初期化前に設定したApple IDをiPhone本体に入力することによってロックを解除することができますが、iPhone本体が手元に無い場合にはパソコンなど別デバイスのWebブラウザからiCloudにアクセスして遠隔操作することもできます。

アクティベーションロックを解除にする手順

  1. Webブラウザより iCloud にアクセスします。

    Web→iCloud→サインイン

  2. iCloudより『iPhoneを探す』を選択します。

    Web→iCloud→ホーム

  3. iPhoneを探すの “すべてのデバイス” より『(対象のデバイス)』を選択します。

    Web→iCloud→iPhoneを探す

  4. 対象のデバイスより『アカウントから削除』を選択します。

    Web→iCloud→iPhoneを探す

    この画面が表示されない場合、iPhoneなどのiOSデバイスにApple IDが設定されiCloudにサインインされたままになっている可能性があるので “サインアウト” するか “電源をオフ” にするなどしてオフラインの状態にします。
  5. 表示されたダイアログの内容を確認し問題が無ければ『削除』を選択します。

    Web→iCloud→iPhoneを探す

iOSデバイスのアクティベーションロックを解除にするやり方は以上です。

第三者から購入したiPhoneがアクティベーションロックされていた場合には、元の持ち主によって操作してもらう必要がありますが、知人・友人ならまだしも “ヤフオク” や “メルカリ” のように個人売買によって入手した場合には、やり取りが煩雑になり面倒なのでロックされていないことを充分に確認するようにしてください。