iPhoneからWi-Fiアクセスポイントに接続し通信する方法

iPhoneを始めとしたスマートフォンは、NTTドコモを始めauやソフトバンクなどのキャリアと契約しモバイルネットワークによって通信することが多いですが、Wi-Fiアクセスポイントに接続して通信を行うこともできます。

スポンサーリンク

Wi-Fi接続のメリット

NTTドコモを始めauやソフトバンクなどのキャリアと契約して使用するモバイルネットワークは従量課金(または半定額課金)であることが多いため、YouTubeの動画など大容量データのコンテンツを利用するとデータ通信料金が莫大になってしまいます。また、iPhoneではアプリなどの容量が比較的に大きいので、消費するデータ通信量も大きくなりがちです。

参考 ギガが足りない原因はiPhoneアプリにある?

それに対してWi-Fiによる接続は、自宅などに光回線を導入していれば定額課金で利用できることが多く、カフェなどのWi-Fiスポットでは無料(入店するのにコーヒー代などは必要)で利用できることも多いです。

このため、モバイルネットワークの通信量をWi-Fiへ逃がすように使うとデータ通信料金を節約することができます。

Wi-Fi側にデータ通信容量の上限が定められている場合には、そちらが消費されることになるので、契約状況を確認の上で自己責任で使用してください。
街中のWi-Fiスポットは “無料” の他に “有料” の場合もあります。
参考 有料Wi-Fiスポット
参考 無料Wi-Fiスポット

Wi-Fiに接続するには?

Wi-Fiを使って通信するには “Wi-Fiアクセスポイント” への接続が必要になります。接続するためには “SSID” や “パスワード” などの接続情報が必要ですが、SSIDは公開/非公開によって「一覧から選択する」か「手動で入力する」の二通りあるので注意してください。

参考 Wi-FiアクセスポイントのSSIDが表示されないのは何故なのか?

選択して接続する手順

  1. 設定より『Wi-Fi』をタップします。

    iPhone→設定

  2. Wi-Fiの “ネットワークを選択…” より『(任意のSSID・アクセスポイント名)』をタップします。

    iPhone→設定→Wi-Fi

    選択したネットワークによっては “パスワード” の入力が必要です。
    街中のWi-Fiスポットでは、認証のため接続後にログイン画面が表示されることがあります。
    参考 新しく始まった『マクドナルド 無料Wi-Fi』を使ってみた

入力して接続する手順

  1. Wi-Fiの “ネットワークを選択…” より『その他…』をタップします。

    iPhone→設定→Wi-Fi

  2. ほかのネットワークより “名前(SSID)” を始め “セキュリティ” や “パスワード” などの接続情報を入力し『接続』をタップします。

    iPhone→設定→Wi-Fi→ほかのネットワーク

    接続情報はWi-Fiアクセスポイントによって異なるため、管理者に問い合わせてください。
    セキュリティが “なし” や “WEP” などのWi-Fiは、セキュリティレベルが低いので接続は控えたほうが良いでしょう。

iPhoneからWi-Fiに接続するやり方は以上です。

接続したWi-Fiアクセスポイントの情報は記録され、2回目以降は自動的に接続されるようになりますが、これは解除することも可能です。

参考 iPhoneが特定のWi-Fiへ勝手に接続しないようにする方法

タイトルとURLをコピーしました