iPhoneの「使用言語」をはじめ「暦」や「通貨」を変更する方法

スポンサーリンク
地球儀 設定

日本国内で購入し使用するiPhoneなどのスマートフォンは “日本語” によって表記されることがほとんどですが、この言語は設定によって変更することができます。また、歴を “西暦” から “和暦” 変えたり通貨を “円” から “ドル” に変えることも可能です。

スポンサーリンク

iPhoneの使用言語

世界中の多くの国で販売されているiPhoneは、日本語だけでなく様々な国の言葉で表記することができます。日本国内で購入し日本国内のキャリア(NTTドコモやauにソフトバンクなど)のSIMカードを使用していれば、自動的に日本語で表示されいるので、基本的には変更する必要は無いですが、何らかの理由によって “英語” など別の言語で表示したい場合には、言語を指定して表記させることが可能です。

また、それに合わせて国ごとに異なる “日付” の表記(フォーマット)や “通貨(円やドルなど)” に “歴(西暦や和暦など)” を変更することも可能です。

使用言語を変更する手順

  1. 設定より『一般』をタップします。

    iPhone→設定

  2. 一般より『言語と地域』をタップします。

    iPhone→設定→一般

  3. 言語と地域より『iPhoneの使用言語』をタップします。

    iPhone→設定→一般→言語と地域

  4. iPhoneの使用言語より任意の言語を選択し『完了』をタップします。

    iPhone→設定→一般→言語と地域→iPhoneの使用言語

使用言語を変更するやり方は以上です。

使用言語の変更は、言葉だけでなく “日付” などの表記も変わりますが、あくまでも表記が変わるだけなので “通貨” などは変更されません。そのため、通貨などの書式を変更したい場合には別途に “地域” を変更する必要があります。

その他の書式を変更する手順

地域

  1. 言語と地域より『地域』をタップします。

    iPhone→設定→一般→言語と地域

  2. 地域より “任意の地域” を選択し『完了』をタップします。

    iPhone→設定→一般→言語と地域→地域

暦法(和暦など)

  1. 言語と地域より『暦法』をタップします。

    iPhone→設定→一般→言語と地域

  2. 暦法より “任意の歴” を選択し『完了』をタップします。

    iPhone→設定→一般→言語と地域→暦法

温度単位

  1. 言語と地域より『温度単位』をタップします。

    iPhone→設定→一般→言語と地域

  2. 暦法より “任意の温度単位” を選択し『完了』をタップします。

    iPhone→設定→一般→言語と地域→温度単位

その他の書式を変更するやり方は以上です。

変更された表記(書式)は “言語と地域” の一番下にサンプルが表示されているので確認することができます。

参考 Androidスマホの表示言語を変更する方法

タイトルとURLをコピーしました