iPhoneで撮影する写真/動画を他のデバイスで扱えるフォーマットで保存する方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

iPhoneで撮影された写真(画像)や動画(ビデオ)はWindowsなどのパソコンでは再生できない場合がありますが、これはiPhoneの設定よりカメラの “フォーマット” を変更することで表示/再生できるようにすることができます。

スポンサーリンク

撮影した写真/動画が表示/再生できない?

iPhoneのカメラでデフォルト設定のまま写真(画像)や動画を撮影するとHEIFHEVCと呼ばれる高効率なフォーマットで保存されます。

このHEIF/HEVCは比較的に新しいフォーマットであるためか、Windows 10などに搭載された標準のプレイヤーでは対応しておらず「画像/映像が表示されない」「音声は流れるものの映像が表示されない」と言う現象が発生する場合があります。

このため、iPhoneでは設定によってフォーマットを変更できるようになっており、互換性のあるフォーマットへ変更すればWindows 10でも無加工で “写真(画像)” を始め “音声” 及び “映像” を視聴することができるようになります。

フォーマットを変更する手順

  1. 設定より『カメラ』をタップします。

    iPhone→設定

  2. カメラより『フォーマット』をタップします。

    iPhone→設定→カメラ

  3. フォーマットより『互換性優先』を選択します。
    “4K/60 fps” や “1080p/240 fps” で撮影するには『高効率』を選択する必要があります。

    iPhone→設定→カメラ→フォーマット

フォーマットを変更するやり方は以上です。

この設定は「これから撮影する写真(画像)や動画」に対して有効であり「これまでに撮影された写真や動画」のフォーマットが変更されるわけではありません。

このため、既にHEIF/HEVCで撮影済みの動画をWindows 10などで再生するためには「対応するプレイヤーをインストールする」か「HEIF/HEVCフォーマットに対応する」「動画のフォーマットを変更する」などの操作が必要になります。

参考 iPhoneで撮影されたHEIF画像をWindows 10パソコンで再生する方法
参考 iPhoneで撮影されたHEVC動画をWindows 10パソコンで再生する方法

タイトルとURLをコピーしました