日本でもサービス開始!『Apple Pay』ってなんだ!?

スポンサーリンク
自動改札機 Tips

Appleの決済サービス『Apple Pay』が2016年10月下旬より日本でもサービスが開始されます。これまで日本で展開されていた “おサイフケータイ” とは少々事情が異なるようです。

スポンサーリンク

Apple Payとは?

Appleが提供しているiPhoneシリーズを使ったモバイル決済システムです。『Apple Pay』はNFCを用いた決済システムでしたが、日本市場で展開するにあたりFeliCaを用いることもできるようになりました。そのため、本体にNFCまたはFeliCaを搭載したiPhone6以上のシリーズである必要があります(FeliCaはiPhone7以上)。

どうやって決済するの?

クレジットカードを登録する

『Apple Pay』自体は単なる決済システムであり決済能力は無いので、実際に決済をするためには自分が所有している(Apple Pay対応の)クレジットカードを登録する必要があります。

銀行口座でも可のようですが、Apple Payに対応している必要があります。

Suicaを登録する

iPhoneに搭載されたFeliCaによって、SuicaがiPhoneで使用できるようになりました。

日本国内で展開されているモバイルSuicaは、専用のクレジットカードが必要であったりと使用するまでに手続きが必要であり易々と使えるものではありませんでしたが、iPhoneでは手持ちのSuicaカード(プラスチックカード)をiPhoneで読み取ることでiPhone内に取り込む形をとっており、取り込まれたSuicaはiPhone上からチャージなどをすることもできます。

指紋認証が必要

「落としたら勝手に使われてしまうのでは?」と思うかもしれませんが、決済時にはiPhoneのホームボタンを使って指紋認証を行う必要があるので、自分以外の他人である第三者が勝手に決済を行うことはできません。日本の『おサイフケータイ』は誰でも使えてしまうのでセキュリティ面では『Apple Pay』の方が優秀です。

Suicaを使用する場合のみ指紋認証が不要なので、自動改札機ではカード同様にタッチするだけで使用することができます。

ガラパゴス仕様だった

当初はアメリカのみでサービスが開始されましたが、その後イギリスやカナダなどでもサービスが開始され、今後は中国でも利用が可能になるそうです。日本でも2016年の10月以降にサービスがスタートします。

日本でサービスを開始するにあたり、iPhoneにFeliCaが搭載されることになりました。その結果、日本でのApple PayはFeliCaを用いて運用されるようで、iPhone7は日本国内でのみFeliCaを搭載して販売され海外ではNFCのみとなるようです。

また、日本では登録したクレジットカードがQUICPayまたはiDとして割り当てられるので、それに対応するクレジットカードが必要になってしまいます。そのため、日本とそれ以外の国ではApple Payの仕様が少々異なってしまう事になり、訪日外国人は日本でApple Payを使用することができないと言ったことが起こってしまいます。

Appleまでガラパゴス化してくるとは意外でしたが、2020年の東京オリンピックで混乱のもとになりそうです。

Pickup! スマホに搭載されている『NFC』って何?
Pickup! iPhoneにFeliCaが搭載されることのメリット
Pickup! スマホ決済サービスの本命?Android Payってなんだ!?