複数のiOSデバイスを連携する方法

Apple製品 iOS

Apple製品には “Handoff” と呼ばれる連携機能があり、macOSやiOSなどを搭載した複数のデバイス(iPhoneやiPad、MacBookなど)を所有している場合、Apple IDで連携させることで作業内容を共有し、MacBookで行っていた作業をiPadで続けると言ったことができます。

スポンサーリンク

Handoffとは?

iPhoneやiPadをはじめMacBookなどAppleのデバイスでは、同じApple IDを設定したデバイス同時を連携させる機能が搭載されており、これをHandoffと呼びます。

連携されるのはデータだけでなく操作も含まれ「MacBookで行っていた作業をiPadに引き継ぐ」「iPhoneで見ていたWebサイトをiPadの大きな画面で見る」と言ったことができます。

Handoffを使用するためには、各デバイスで「同じApple IDを使用してiCloudにサインインする」「Wi-FiやBluetoothをオンにする」「Handoffをオンにする」などの条件があるので、できない場合には見直すと良いでしょう。

Handoffを設定する手順

iPadを例としますがiPhoneでも同様です。MacBookなどは「システム環境設定」から設定できます。
  1. 設定より『一般』をタップします。

    iPad→設定

  2. 一般より『Handoff』をタップします。

    iPad→設定→一般

  3. Handoffより “Handoff” を設定します。
    画像はオンの状態でタップすることでオフにすることができます。

    iPad→設定→一般→Handoff

Handoffを設定するやり方は以上です。

Handoffの使いかた

iPad→Dock→バッチ

例えば、iPhoneのWebブラウザ “Safari” でWebサイトを閲覧中にiPadで続きを閲覧したい場合、Handoffが有効になっているとiPadのSafariアプリアイコンにスマートフォンバッチ(小さなアイコン)が表示され、連携されたWebサイトを引き継いで閲覧できるようになります。

この時、iPhone側のアプリを閉じてしまうと、iPad側のバッチも消えてしまうので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました