当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneアプリを複数デバイスで自動ダウンロードする方法

iPhoneの操作 iOS

iPhoneやiPadなど複数のiOSデバイスを所有している際、1つのデバイスでダウンロードしたアプリを他のデバイスで再ダウンロードするのが面倒であれば、自動的にダウンロードするように設定しておくと良いでしょう。

自動ダウンロードとは?

iPhoneとiPadを所有している場合など、「iPhoneでダウンロードした」ものを「iPadでもダウンロードしたい」ことは多々あるでしょう。

この時に、手動で1つ1つダウンロードするのは面倒なので、それぞれのデバイスで自動的にダウンロードしてくれるのが自動ダウンロードです。これを有効にすると、同じApple IDを登録したiOSデバイスでアプリが、自動的に同期するようになります。

ただし、逆に言えば家族で共有しているデバイスなどに同じApple IDを設定していると、個人で使用しているデバイスにダウンロードしたアプリがダウンロードされてしまうので注意してください。

自動ダウンロードを設定する手順

  1. 設定より【App Store】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定

  2. App Storeの[自動ダウンロード]より【App】や【Appのアップデート】のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→iOS15→設定→App Store

自動ダウンロードを有効にするやり方は以上です。

Wi-Fiに接続されているときのみダウンロードしたい場合には同画面の[モバイルデータ通信]より【自動ダウンロード】をオフに設定します。

タイトルとURLをコピーしました