ギガが足りない原因はiPhoneアプリにある?

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

iPhoneとAndroidスマートフォンの両方を使っていると通信量の違いが目につきます。どちらかと言えばAndroidスマートフォンをメインに使っていますが、iPhoneの通信量が飛び抜けて多いので調べてみたところ、アプリのダウンロードサイズに問題がありました。

スポンサーリンク

同じアプリなのに?

持ち歩いているiPhoneとAndroidスマートフォンでは、可能な限り同じアプリダウンロード&インストールするようにしています。アプリをダウンロードする際にはWi-Fiに接続することが多い為に気にならなかったですが、モバイルネットワーク通信でダウンロードしようとした際にアプリのファイルサイズを確認したところ、同じアプリであるにもかかわらずAndroid版よりもiPhone版の方がアプリのダウンロードサイズが多いことに気が付きました。

ファイルサイズの違いを確認

例として代表的なアプリのダウンロードサイズを比べてみました。なお、ダウンロードサイズは2016年09月のもので、以降に大きく変わる場合があります。

Twitter

Twiiterクライアントアプリはたくさんありますが、公式アプリではAndroid版が約18MBなのに対して、iOS版が約83MBで、これは4倍もの違いがでました。

Google Play→アプリ→TwitterApp Store→アプリ→Twitter

Facebook

見た目より大きなファイルサイズであるFacebookの公式アプリではAndroid版が約48MBなのに対してiSO版は約151MBで、これも3倍程度の違いがあります。

Google Play→アプリ→FacebookApp Store→アプリ→Facebook

このように、同じような見た目と機能を持った公式アプリでも、Android版とiOS版ではダウンロードに必要なファイルサイズが大きく違うようです。そのため、AndroidとiPhoneのどちらを買おうか悩んでいる場合、少しでも高速データ通信容量を節約したいならAndroidスマートフォンを選択する方が良いかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました