iPhone版Safariのタブで複数のWebページを開く方法

スポンサーリンク
本棚 iOS

昨今のWebブラウザには「今見ているWebページを残しつつ、別のWebページを閲覧する」と言うことができます。この時、ページの識別や操作には “タブ” が用いられるので、タブを「追加する(開く)」「閉じる」を覚えておくと便利かもしれません。今回はiPhoneで使われることが多いSafariブラウザを例にします。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

タブとは?

Windows 10→Chromeブラウザ→タブ

本の索引など、希望するページを素早く開くため “端” に付けられた出っ張りをイメージして作られ、画面の切り替えに用いられるのがタブです。

パソコンのWebブラウザなどでは画面の上部に “Webページタイトル” と共に表示されることが多く、クリックして切り替えることができるようになっています。

iPhone版SafariブラウザでもタブによるWebページの切り替えは可能ですが、画面サイズの関係で操作が異なるので注意が必要です。

新しいタブを追加する手順

  1. Safariより右下の『タブ(切り替え)アイコン』をタップします。

    iPhone→Safari

  2. タブの一覧より『+』をタップすると “新しいタブ” が追加されます。

    iPhoneアプリ→Safari→タブ一覧

新しいタブを追加するやり方は以上です。

タブを切り替える手順

  1. タブの一覧より上下にスワイプします。
    タブ一覧はバージョンや設定によって “縦一列” の他に “格子状” となっていることがあります。

    iPhoneアプリ→Safari→タブ一覧

  2. 対象のタブをタップします。

    iPhoneアプリ→Safari→タブ一覧

タブを切り替えるやり方は以上です。

タブの数に上限は無いようですが、あまり多く開きすぎても操作性が損なわれるので、不要なタブは閉じておく(削除する)と良いでしょう。

不要なタブを閉じる手順

1つずつ閉じる

  1. タブの一覧より対象のタブにある『×』をタップします。
    縦一覧に並んだタブを左右にスワイプしても消すことができます。

    iPhoneアプリ→Safari→タブ一覧

  2. 対象のタブが削除されます。

    iPhoneアプリ→Safari→タブ一覧

数が多すぎて、1つ1つを手動で削除するのが面倒であれば、一括で削除するやり方もあります。

すべてを閉じる

  1. Safariより『タブ(切り替え)アイコン』をロングタップ(長押し)します。

    iPhone→Safari

  2. メニューより『〇個のタブをすべてを閉じる』をタップします。

    iPhoneアプリ→Safari→タブメニュー

不要なタブを閉じる(削除する)やり方は以上です。

閲覧したWebページは履歴に残るので、誤って閉じでしまった場合には復元すれば良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました