iPhone / iPadのSafariで最近消したタブを再表示させる方法

スポンサーリンク
iPhoneの操作 iOS

Safariではタブを使って複数のWebページを閲覧することができますが、操作中に誤って「タブを消してしまった」と言った場合でも再表示させることができます。

Androidスマートフォン でも同様のことができます。
スポンサーリンク

最近閉じたタブの一覧

SafariなどのWebブラウザでは、閲覧したWebページの情報を記録しています。

Webページごとの記録は履歴を参照することで再表示させることができますが、開きっぱなしにしていたタブを閉じてしまった時などには、履歴を辿るのが困難になります。

SafariではWebページごとの記録だけでなくタブごとにも記録しているため、閉じでしまったタブは一覧より選択することで再表示させることができます。

最近閉じたタブを開く手順

  1. アプリより『(右下の)タブボタン』をタップします。

    iPhone→Safari

  2. タブ一覧より『+』をロングタップ(長押し)します。

    iPhoneアプリ→Safari→タブ一覧

  3. 最近閉じたタブより『(対象のタブ)』を選択します。

    iPhoneアプリ→Safari→最近閉じたタブ

最近閉じたタブを開くやり方は以上です。

閲覧したのが最近であれば、履歴から再表示させる手段もあります。

iPhoneのSafariにおいて閲覧履歴の確認と削除の方法
iPhoneに限らずWebブラウザでWebサイトを閲覧すると履歴が残るようになっていますが、これらの履歴は後から確認したり削除したりすることができます。
タイトルとURLをコピーしました