iPhone / iPad で予定を指定したタイミングで通知する方法

スポンサーリンク
カレンダー iOS

時間や場所など任意のタイミングで思い出したい用事(予定)がある場合、覚えておくつもりでも忘れてしまう事は多々あります。スケジュールに登録するまでも無いことであれば、iPhone / iPad の “リマインダー” アプリを使うと「やること」を整理しておく事ができます。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

リマインダーとスケジュール

日々のスケジュールをカレンダーアプリ等に予定を登録して管理している人も多いでしょう。何でもかんでも登録してスケジュールが一杯のカレンダーになってしまうなら、ちょっとした用事(「〇〇を買う」など)はリマインダーリストに登録すると良いです。

iPhone / iPad では、リマインダーアプリがプリインストール(プレインストール)されており、これを使うとToDo管理ができます。

また、通知は時刻はもちろん、場所も指定可能なので、うっかり忘れも少なくすることができるかもしれません。

リマインダーアプリの使いかた

リマインダーを追加する手順

  1. アプリより『今日』などをタップします。
    日付は変更できるので、明日以降のリマインダーでも問題ありません。

    iPhoneアプリ→リマインダー

  2. 今日 より『新規リマインダー』をタップします。

    iPhoneアプリ→リマインダー

  3. 今日 より新規リマインダーの概要を入力し『(i)』をタップします。

    iPhoneアプリ→リマインダー

  4. 詳細より必要事項を入力し『完了』をタップします。
    通知は “指定日” はもちろん “指定場所” を設定することができます。

    iPhoneアプリ→リマインダー

リマインダーを追加するやり方は以上です。

リマインダーの内容が完了したら、チェックを付けることで予実(予定と実績)の管理ができます。

リマインダーにチェックする手順

  1. アプリより対象のリマインダーを開きます。

    iPhoneアプリ→リマインダー

  2. リマインダーの『〇』をタップするとチェックされます。

    iPhoneアプリ→リマインダー

リマインダーにチェックするやり方は以上です。

実行したリマインダー(チェックしたリマインダー)は非表示となりますが、削除されたわけでは無く再表示させることもできます。

実行済みリマインダーを表示する手順

  1. アプリより『すべて』などをタップします。

    iPhoneアプリ→リマインダー

  2. すべて より『・・・(3つの点)』をタップします。

    iPhoneアプリ→リマインダー

  3. メニューより『実行済みを表示』をタップします。

    iPhoneアプリ→リマインダー

実行済みリマインダーを表示するやり方は以上です。

各リマインダーは残しておく必要が無ければ削除することもできます。

リマインダーを削除する手順

  1. アプリより対象のリマインダーを開きます。

    iPhoneアプリ→リマインダー

  2. リマインダーを右から左へスワイプするとメニューが表示されるので『削除』をタップします。

    iPhoneアプリ→リマインダー

リマインダーを削除するやり方は以上です。

紙のスケジュール帳をメインで使っている人も通知のみリマインダーアプリを使うと便利かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました