Apple IDのApp用パスワードを作成する方法

スポンサーリンク
セキュリティー Tips

2017年6月15日よりApple製ではないアプリ(OutlookやGmailなど)からiCloudのデータ(メールやカレンダーに連絡先など)にアクセスするには “App用パスワード” が必要になります。iOSの “2ファクタ認証” が設定済みであればAndroidなどiOS(iPhoneやMacなど)以外からでも生成できます。

スポンサーリンク

App用パスワードってなに?

App用パスワードとは、いわゆる “2段階認証” の1つです。Appleが提供するアプリ以外のアプリからiCloudのデータ(メールやカレンダーに連絡先など)にアクセスする為の専用パスワードを発行することで、Apple IDとパスワードだけではアクセスできないようになります。このため、Apple製ではないアプリを使用している場合には、自分でApp用パスワードを生成する必要があります。

App用パスワードを作成するには?

2ファクタ認証を設定する

iOS 10.3より “2ファクタ認証” の利用が推奨されています。iPhoneを利用していれば通知が届いているので目にしたことがあるでしょう。App用パスワードを発行するためには2ファクタ認証を有効にする必要があります。

参考 iOSの “2ファクタ認証” を設定する方法

iOS 9 または OS X El Capitan 以降を搭載したデバイスを持っていないと言う場合には “2ステップ確認” でも可能なようです。

App用パスワードを発行する手順

  1. ブラウザより『Apple ID を管理』にログインします。

    Web→Apple ID

  2. 2ファクタ認証より送られてきた “確認コード” を入力します。

    Web→Apple ID→2ファクタ認証

    確認コードはiPhoneなどの登録デバイスに表示されますが、確認できない場合には “確認コードを受信していませんか?” よりSMSなどで受信することもできます。
  3. ログイン後のメニューより『セキュリティ』をタップします。

    Web→Apple ID

  4. セキュリティの “App用パスワード” より『パスワードを生成』をタップします。

    Web→Apple ID

  5. 「このパスワードのラベルを入力:」より『(任意の名前)』を入力します。

    Web→Apple ID

  6. 発行された “App用パスワード” を確認できます。

    Web→Apple ID

    作成したApp用パスワードは後から確認することはできませんので注意してください。

App用パスワードを作成するやり方は以上です。

App用パスワードの使いかた

App用パスワードを発行したら、Apple製ではないアプリ(OutlookやGmailなど)の利用時に “App用パスワード” を入力します。このとき、Apple IDのパスワードは使用しません。

Apple ID→App用パスワード

App用パスワードは無制限に作成できる訳では無く、最大で25個までしか作成できません。また、パスワードを残しておくのはセキュリティ上も良くないので、不要になったApp用パスワードは削除しましょう。

App用パスワードを削除する手順

  1. セキュリティの “App用パスワード” より『履歴を表示』をタップします。

    Web→Apple ID

  2. 作成済みのAppパスワードが一覧で表示されるので、不要なパスワードの『X』をタップします。

    Web→Apple ID

    リセットするなど全てのパスワードを削除したい場合には『すべてのパスワードを消去する』をタップします。
    パスワード自体の文字列を確認することはできません。

App用パスワードを削除するやり方は以上です。

2ファクタ認証さえ設定しておけば、iPhone以外のデバイス(Androidスマートフォンなど)でもApp用パスワードの管理(作成や削除など)をすることができるようです。ただし、今後の仕様変更によって変わる可能性は大いにあるので「iPhoneを持っていない!」と言う場合には取り扱いに充分注意してください。