当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneのメッセージを同期して他デバイスで閲覧する方法

メール iOS

iPhoneの “メッセージ” アプリで行ったやり取りは、iCloudを経由して他デバイスに同期することができるので、iPadなど別のデバイスでも同じメッセージを読むことができます。

メッセージのバックアップ

iPhoneの標準アプリであるメッセージアプリは、エクスポート/インポートなどの機能を有していないため、バックアップするにはiCloudに保存する必要があります。

iCloudに保存されたデータは、同じApple IDを設定した他デバイスでも利用することができるので、これを使うとメッセージのやり取りをiPhone以外のデバイス(iPadなど)でも閲覧することができるようになります。

「バックアップの必要は無い」と思っていても、iPhoneとiPadなど2台以上のデバイスがあれば、設定しておくと便利かもしれません。

メッセージをiCloudへ保存するか設定する手順

  1. 設定より『Apple ID、iCloud、メディアと購入』をタップします。

    iPhone→設定

  2. Apple IDより『iCloud』をタップします。

    iPhone→設定→Apple ID

  3. iCloudの “ICLOUDを使用しているAPP” より『メッセージ』のオン/オフを切り替えます。
    オンにすると保存・同期が行われます。

    iPhone→設定→Apple ID→iCloud

メッセージをiCloudへ保存するか設定するやり方は以上です。

メッセージアプリでやり取りできるのは “iMessage” を始め “SMS” や “MMS” などが対象です。

iPhoneでSMSを送受信するアプリ
電話番号のみでメッセージのやり取りを行う ”SMS” は、iPhoneでも送信・受信をすることが可能です。特にiPhoneではプリインストール(プレインストール)された “メッセージ” アプリが使われるので簡単です。
タイトルとURLをコピーしました