当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPadのメモアプリを他アプリに重ねて起動する方法

iOSデバイス iOS

iPhoneやiPadなどには「ちょっとメモを残したい」と言う場合に使える[メモ]アプリがプリインストール(プレインストール)されていますが、iPad版には他のアプリの起動中に重ねて表示する機能が搭載されています(クイックメモ)。

クイックメモとは?

「メモを取りたい」と思うときは突然に訪れるもので、iPadOS 15のiPad版メモアプリではジェスチャー操作によって素早く起動できるようになっており、これをクイックメモと呼びます。

もちろん「メモアプリを起動して入力する」でも問題は無いですが、クイックメモは「他のアプリの起動中でも重ねて表示できる」と言う特徴があるので、「他のアプリを見ながらメモしたい」と言うときに便利です。

ただし、iPad Air 2またはiPad mini 4など一部の古い機種では使用することができないので注意してください。

クイックメモを設定する手順

  1. 設定の[メモ]より【最後のクイックメモを再開】【クイックメモ作成時にAppリンクの候補を表示】などのオン/オフを切り替えます。

    iPad→iPadOS15→設定→メモ

クイックメモを設定するやり方は以上です。

クイックメモを表示する手順

  1. ディスプレイの[右下]から[中央]へ向けてスワイプします。
    ホーム画面である必要はありません。

    iPad→ホーム

  2. クイックメモより[(任意のメモ)]を入力し【完了】をタップします。
    表示されたクイックメモは[上部のバー]をドラッグすることで動かすことができます。

    iPadアプリ→クイックメモ

クイックメモを表示するやり方は以上です。

クイックメモで入力した内容は、メモアプリから確認することができます。

タイトルとURLをコピーしました