当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneで地図の場所を送る方法

地球儀 iOS

[現在地]はもちろん待ち合わせなどで任意の[場所]を指定する際には住所や名前を知らせても良いですが、地図上に表示させると誤解させることなく指定することができます。iPhoneのマップアプリでは地図で指定した場所を、そのまま送ることができます。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。

位置を知らせるには?

場所を指定する際に[住所]や[名前][目印]などを知らせるのが一般的かもしれません。

しかし、「今どこにいるかわからない(現在地)」「行ったことが無い(任意の場所)」と言った場合には、あいまいに伝えても誤解の元になる可能性があります。

iPhoneを始めとしたスマートフォンには位置情報サービス(GPSなど)が搭載されていることが多くマップアプリと組み合わせることで、現在地はもちろん任意の場所を「地図上で指定する」「相手に送る」[地図上で表示する]と言うことができます。

地図の場所を共有する手順

位置情報サービスが有効である場合、地図上に表示される[青い点]は測位された現在地です。
  1. マップアプリより【(目的の場所)】をタップまたはロングタップします。
    名前と位置がはっきりしたランドマーク(駅など)であればタップ、任意の場所であればロングタップします。

    iPhoneアプリ→マップ

  2. 場所の詳細より【共有】をタップします。
    表示されていない場合は【・・・】をタップしたメニュー内にあります。

    iPhoneアプリ→マップ→詳細

  3. 共有する相手を選択します。

    iphone→共有メニュー

地図の場所を共有するやり方は以上です。

送る相手がAndroidスマートフォンなどiOSデバイス以外であってもWebブラウザで地図を表示させることができます。

タイトルとURLをコピーしました