iPhoneでExchange ActiveSync対応アカウントを設定する方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

iPhone/iPadでは、Exchange ActiveSyncに対応したアカウント(メールやカレンダーなど)を設定することが可能であり、キャリアメール(ドコモやau、SoftBankのメール)やGmailのようにプッシュ通知/自動受信することができます。

アカウントは “設定” から追加することで、メールやカレンダーのデータが各アプリに自動的に同期されるので、他のデータと同様に参照することができます。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。また、アプリを使うこともできます。
スポンサーリンク

アカウントを設定する手順

  1. 設定より『パスワードとアカウント』をタップします。

    iPhone→設定

  2. パスワードとアカウントより『アカウントを追加』をタップします。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント

  3. アカウントを追加より『Exchange』をタップします。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→アカウントを追加

  4. Exchangeより “メール” と “説明” を入力し『次へ』をタップします。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→アカウントを追加→Exchange

  5. 表示されたダイアログより『手動構成』をタップします。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→アカウントを追加→Exchange

  6. 追加された “パスワード” を入力し『次へ』をタップします。
    必要に応じて “サーバー” 等の入力が必要となる場合があります。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→アカウントを追加→Exchange

  7. 同期する項目のオン/オフを切り替えます。
    後から変更することができます。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→アカウントを追加→Exchange

アカウントを設定するやり方は以上です。

アカウントを同期する手順

  1. パスワードとアカウントより『(対象のアカウント)』をタップします。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント

  2. 同期する項目のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→Exchange

アカウントを同期するやり方は以上です。

メールを送受信する手順

追加されたアカウントのメールはメールアプリを使って送受信します。
  1. メールアプリより “受信” と表示されている場合は『<』をタップします。

    iOSアプリ→メール

  2. メールボックスより『(対象のアカウント)』をタップします。

    iPhoneアプリ→メール→メールボックス

  3. 対象のアカウントで送受信ができます。

    iOSアプリ→メール

メールを送受信するやり方は以上です。

カレンダーを使う手順

  1. カレンダーアプリより『+』をタップします。

    iPhoneアプリ→カレンダー

  2. 新規イベントより『カレンダー』をタップします。

    iPhoneアプリ→カレンダー→新規イベント

  3. カレンダーより『対象アカウントのカレンダー)』を選択します。

    iPhoneアプリ→カレンダー→新規イベント→カレンダーの選択

カレンダーを使うやり方は以上です。

電話帳を使う手順

追加されたアカウントのメールは連絡先アプリを使って送受信します。
  1. 連絡先アプリより『グループ』をタップします。

    iPhoneアプリ→連絡先

  2. グループより『(対象アカウントの項目)』をチェックします。

    iPhoneアプリ→連絡先→グループ

電話帳を使うやり方は以上です。

各データはダウンロードするのでは無くサーバー上を参照しているだけなので、削除しない限りは別の “デバイス” でも “アプリ” でも閲覧することができます。

タイトルとURLをコピーしました