iPhoneで電話番号を手動で入力して電話をかける方法

スポンサーリンク
iPhoneの操作 iOS

iPhoneに登録した連絡先(電話帳)から相手を選んで電話をかけることに慣れると “キーパッド(ダイヤルパッド)” を使って「電話番号を入力して電話をかける」と言うことをしなくなります。そのため、いざ使おうとすると「キーパッドの使い方」がわからず「どうやって使うのか?」と迷ってしまう事があるでしょう。

従来型の携帯電話(いわゆるガラケー)であれば、備わっているボタンを押下することで簡単に電話をかけることができます。しかし、全面タッチパネルのiPhoneは場面ごとに画面の表示が変わるために「電話をかける」と言った当たり前の事すら使い方に迷ってしまう場合があります。

特に携帯電話やスマートフォンなどでは「連絡先(電話帳)を登録する」と言ったことが可能であるために「キーパッドから電話番号を入力して電話をかける」と言った機会は少ないでしょう。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

キーパッドを使う手順

  1. 電話アプリより『キーパッド』をタップします。

    iPhone→iOS 13→電話アプリ

  2. 表示されたキーパッドに “電話番号” を入力し『発信』アイコンをタップします。
    緑で受話器のアイコンです。

    iPhone→iOS 13→電話アプリ

キーパッドを使って電話をかけるやり方は以上です。

ごく当たり前の操作ですが、電話アプリ(ダイヤルアプリ)を起動した際に電話番号を入力する “キーパッド(ダイヤルパッド)” が表示されないことから操作に悩む人が多いようです。落ち着いていれば直感で操作が可能でしょうが、慌てたりしていると操作が覚束なくなるので、念のために確認しておくことをオススメします。

記号を入力するには?

電話番号は “数字” によって構成されていますが、一部に “記号” が用いられることがあります。キーパッド(ダイヤルパッド)に表示されている “#” や “*” は問題ないですが、それ以外の “+” や “,” に “;” なども入力することができます。

機種やバージョンによって異なる場合があるので注意してください。

+(プラス・加算)

「日本から海外へ」電話を掛けたり、「海外から日本へ」電話を掛けたりする国際電話で使用します。
  1. キーパッドの『0』を長押しします。

    iPhone→iOS 13→電話アプリ
    ※キーの下に小さく “+” と記載があります。

,(カンマ)

ソフトポーズで使用します。
  1. キーパッドの『*』を長押しします。

    iPhone→iOS 13→電話アプリ

;(セミコロン)

ハードポーズで使用します。
  1. キーパッドの『#』を長押しします。

    iPhone→iOS 13→電話アプリ

記号を入力するやり方は以上です。

ちなみに電話番号の区切り文字として “-(ハイフン)” や “()(カッコ)” が使われることが多いですが、これらの記号は自動的に入力されることはありますが手動での入力はできません(入力する必要もない)。

また、各キーに表示されているアルファベットを入力することはできません。

タイトルとURLをコピーしました