iPhoneでアラームを設定する方法

スポンサーリンク
時計 iOS

iPhoneには当然のように時計機能が組み込まれています。この時計はパソコンなどと同じようにインターネットを介して自動的に修正されるので、インターネットに接続されている限りは(ほとんど)狂うことなく正確に時を刻み続けてくれます(NTP:Network Time Protocol)。

そのため、目覚まし時計(アラーム)として使用するのに適しています。高機能な目覚まし時計に特化したアプリもありますが、時計アプリのアラームでも充分なので活用してみましょう。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

アラームを設定する手順

追加する

  1. 時計アプリの “アラーム” より『+』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

  2. アラームを追加より必要事項を入力し『保存』をタップします。
    “ラベル” は識別用の名称なので任意で入力します。″スヌーズ” とはアラームを止めても一定時間の経過後に再鳴動しするようになります(二度寝防止など)。また、音なしバイブレーションのみも設定できます。

    iPhone→時計アプリ→アラーム→アラームを編集

編集する

  1. 時計アプリの “アラーム” より『編集』をタップします。
    時刻の右にあるスイッチをタップするとオン/オフを切り替えることができます(画像は “オン” の状態です)。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

  2. 一覧から『(対象のアラーム)』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム→編集

  3. アラームを編集より再設定します。

    iPhone→時計アプリ→アラーム→アラームを編集

削除する

  1. 時計アプリの “アラーム” より『編集』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

  2. 一覧から『(対象のアラーム)』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム→編集

  3. アラームを編集より『アラームを削除』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム→アラームを編集

アラームの使い方は以上です。

指定時刻にアラームを鳴らすだけであれば単純ですが「平日のみ」「休日のみ」と言った繰り返しの設定がわかりにくいかもしれません。なお、シフト勤務などで曜日ではなく日時を指定してアラームを鳴らしたい場合には標準アプリではできないので、別途にアプリをダウンロード&インストールする必要があります。

タイトルとURLをコピーしました