当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneの標準カメラアプリでアスペクト比を変更する方法

カメラ iOS

iPhoneの標準カメラアプリでは写真(画像)の撮影に一般的な写真サイズである[4:3]のアスペクト比(縦横比)で行われますが、[16:9]や[1:1(スクエア)]などの比率でも撮影することができるようになっています。

Androidスマートフォンでも同様のことが可能です。

標準カメラアプリの縦横比

これまで、iPhoneのカメラアプリでは[4:3]のアスペクト比(縦横比)がデフォルトであり、よりワイドな[16:9]などを選択することはできませんでした。

しかし、iPhone 11/12やiPhone SE(第二世代)など比較的に新しい機種では、[4:3]の他に[16:9]も選択できるようになっています。

ちなみに、非対応の機種でもビデオによる撮影ではフルHDや4Kなど[16:9]のワイド撮影が可能であるため、動画を撮影しながら写真を撮れば[16:9]で撮影が可能です。

iPhoneで動画の撮影中に写真を撮る方法
iPhoneのカメラでは、写真(静止画像)はもちろん動画を撮影することができます。この2つの機能は排他的に見えて実は同時に使用することができます。

アスペクト比を設定する手順

  1. カメラアプリより【Λ】をタップします。

    iPhoneアプリ→カメラ

  2. メニューより【(アスペクト比アイコン)】をタップします。
    左から3番目のアイコンで[1:1][4:3][16:9]などと表記されています。

    iPhoneアプリ→カメラ→メニュー

  3. アスペクト比より【スクエア(1:1)】【4:3】【16:9】を選択します。
    印刷(プリント)が前提であれば一般的な写真サイズである【4:3】、他のスマートフォンやパソコンで閲覧するにはワイドな【16:9】がオススメです。

    iPhoneアプリ→カメラ→メニュー→アスペクト比

アスペクト比を設定するやり方は以上です。

変更した内容を保存するには設定が必要なので注意してください。

iPhoneでカメラアプリの設定を保持する方法
iPhoneのカメラアプリは変更した設定がリセットされることがありますが、これは本体の設定より変更した内容がリセットされないようにすることができます。
タイトルとURLをコピーしました