iPhoneを目覚まし時計として使う方法

スポンサーリンク
時計 アプリ

朝の目覚めを “目覚まし時計” に頼っている人も多いでしょう。いつも身近に存在しているスマートフォンを “目覚まし時計” の代わりにすると便利です。

スポンサーリンク

iPhoneの時計機能

スマートフォンを始めとしたIT機器には時計が組み込まれているため、時計に関する “アラーム” などの機能は最初から搭載されていることが多いです。iPhoneにも当然に “アラーム” を始めとした機能が搭載されており、よく使うであろうアラームの使い方は覚えておいて損は無いでしょう。

iPhone→時計アプリ→アラーム

アラームを設定する手順

追加する

  1. 時計アプリの “アラーム” より『+』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

  2. アラームを追加より必要事項を入力し『保存』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

    時間 アラームを鳴らす時間を設定します。1分刻みで設定することができます。
    繰り返し アラームを鳴らす曜日を設定することができます。
    ラベル 識別用の名称を設定できます。
    サウンド アラーム鳴動時の音を変更することができます。
    スヌーズ オンにするとアラームを止めても一定時間鳴動します。

編集する

  1. 時計アプリの “アラーム” より『編集』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

    アラーム時刻の右にあるスイッチをタップするとオン/オフを切り替えることができます(画像はオンの状態)。
  2. 一覧から『(対象のアラーム)』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

  3. アラームを編集より再設定します。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

削除する

  1. 時計アプリの “アラーム” より『編集』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

    アラーム時刻の右にあるスイッチをタップするとオン/オフを切り替えることができます(画像はオンの状態)。
  2. 一覧から『(対象のアラーム)』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

  3. アラームを編集より『アラームを削除』をタップします。

    iPhone→時計アプリ→アラーム

アラームの使い方は以上です。

指定時刻にアラームを鳴らすだけであれば単純ですが「平日のみ」「休日のみ」と言った繰り返しの設定がわかりにくいかもしれません。なお、シフト勤務などで曜日ではなく日時を指定してアラームを鳴らしたい場合には標準アプリではできないので、別途にアプリをダウンロード&インストールする必要があります。