明るく眩しいLEDの光を暗くするには?

スポンサーリンク
部屋 周辺機器

多くの電子機器には状態(ステータス)を表す “LED” を搭載していることが多いです。特に電源を入れっぱなしで使う “モデム” や “Wi-Fiルーター” などは、常にチカチカ・ギラギラと光るため「明るすぎる」「眩しい」と言った感想を持つことも多いでしょう。そんなLEDには “減光” する “シール” を貼って光の強さを抑えると良いかもしれません。

スポンサーリンク

LEDのデメリット

室内の照明などのも使われることが多くなったLEDはメリットが取り上げられることが多いですが、デメリットも数多くあり欠点とも言えるのが直進性です。

直進性とは、その名の通り「光がまっすぐ進む」ことを指しており、光の特徴でもあるためLEDに限ったことではありませんが顕著に現れ、特に照明などでは「真下は明るいが周囲は暗い」と言ったことが起こります。とは言え、反射などを利用して拡散させることでカバーしている場合も多いので気にならないかもしれません。

このようにLEDを使って発せられる光は、拡散することが少なく直進することが多いので、機器によっては「強い光を弱めたい」と思うこともあるでしょう。

減光するシール

電子機器のステータスランプに使われることが多いLEDも当然に “直進性” を持っており、動作中に点滅(点灯)するLEDの光が小さく「突き刺さる」ように感じる場合があります。

機器によっては設定で「LEDを減光する」「LEDを消灯する」と言ったことができる場合もありますが、機能が無い場合には半透明なシールを張ることで減光できます。

LightDims オリジナル減光シール - ルーター、電子機器、電気製品等用LED減光シール 50〜80%減光(最小限包装)
LightDims 電気製品等用LED減光シール 50〜80%減光
Amazon

シールを張ることで常に減光されるため、光の下では見にくくなるかもしれませんが、常に監視するものでは無い機器(Wi-Fiルーターなど)には良いかもしれません。

参考 スマホを露出計にするアプリ

タイトルとURLをコピーしました