当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

手袋でスマホの指紋認証をする方法

スマートフォンと手 周辺機器

スマートフォン対応手袋は以前より販売されていましたが、手袋をしていると[指紋認証]が使えないのが難点でした。そこで、手袋に【擬似指紋】を取り付けることで指紋認証を使えるようにする製品【Diper ID】が販売されています。

Diper IDとは?

手袋に指紋に似せた紋様の付いたシールを張ることで、指の指紋の代わりに指紋認証を行う製品です。もちろん、製品ごとにパターンは異なるので、他人のシールで解除されることはありません。

指の指紋とは別に「シールを指紋として登録する」必要がありますが、スマートフォンなどに登録できる指紋の数は2つ以上であることが多いので問題ないでしょう。

注意点としては、スマートフォン対応手袋を使う必要があります。

Diper ID 擬似指紋 スマートフォン対応手袋用 丸型4枚入り [DPI0001-12]
Diper ID 擬似指紋 スマートフォン対応手袋用
 
アイタッチグローブ ケーブル ブラック Free iTG-016-BK
アイタッチグローブ
 

Diper IDの使いかた

  1. [シール]を[スマートフォン対応手袋]に貼り付けます。
    タッチパネルが反応する指に取り付けます。
  2. スマートフォンにシール(指紋)を登録します。
    自身の指の指紋とは別に登録します(指紋を追加する)。
    iPhoneでの指紋認証機能であるTouch IDを設定する方法
    iPhoneにはiPhone 5sより指紋センサーがホームボタンに搭載されており、指紋認証によって画面ロックなどの解除が可能な “Touch ID” が使えます。このTouch IDで「解除できない」「認証できない」と言う場合には登録に原因...
    Androidスマホで指紋認証を使う方法
    Androidスマートフォンでは、生体認証として “指紋認証” が多く使われています。指紋センサーを使って指紋を登録すると、多くの機種でスリープ状態からロック解除までを一度に行うことができます。また、対応するアプリでも使うことができます。 ...

Diper IDの使いかたは以上です。

顔認証が使えるスマートフォンもありますが、マスクなどをしていると使いにくかったりするので、指紋認証を好んで使っている人も少なくないでしょう。

手袋をしたまま使えるので、使い勝手が良くなるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました