4K・2K・フルHD・HDの違いとは?

スポンサーリンク
Androidスマートフォン 周辺機器

iPhoneやAndroidスマートフォンのディスプレイサイズ(インチ)は、機種によって大小様々になっています。これらに加え「解像度」と呼ばれる数値によってディスプレイの性能は決まっています。

スポンサーリンク

解像度とは?

一般的なスマートフォンのスペック表にHDフルHDなどと記載されているのを目にしたことがあるでしょう。Xperiaシリーズなどでは4Kと言ったテレビと同じような売り文句で販売されていることがあります。

この “HD” や “K” と言うのは解像度を指しています。「解像度って何?」の意味を説明するのは非常に難しいのですが、簡単に言えばきめの細やかさを縦横の数値で表したものです(1920×1080など)。

解像度はディスプレイのサイズに比例するものでは無く、同じサイズのディスプレイでも解像度が “HD” であったり “フルHD” であったりします。このため、同じディスプレイサイズであれば、解像度が高ければ高いほど(数字が大きいほど)細かい表示が可能になるので、結果として綺麗に表示できると言うことになります。

ただし、スマートフォンのような比較的に小さなディスプレイで、4Kと言った高解像度は「意味があるのか?」と言う声もあります。

4K(3840×2160)

4Kディスプレイの一般的な解像度は3840×2160です。XperiaシリーズではPremiumモデルなどハイエンドな機種に搭載されることが多い解像度です。

なぜこれが4Kと呼ばれているかと言えば、3840が約4000であることから “1000=1K” として4Kと呼ばれています。このように “K” と言うのは要するに接頭辞の『キロ』を表しています(キログラムなど)。

ちなみに、8Kディスプレイの解像度は7680×4320です。

フルHD・HD(1920×1080・1280×720)

HDは “ハイビジョン” とも呼ばれ、解像度は1280×720です。1280が約1000なので、これまでの例にならえば1Kと言えなくはないでしょうが、聞いたことはありません。ローエンドミドルレンジの機種に搭載されることが多いです。

フルHDは “フルハイビジョン” とも呼ばれ、解像度は1920×1080です。同様の理屈で2Kと呼ばれたこともありましたが、2Kは後述する別の解像度を指すことが多くなったので昨今では呼ばれることも少なくなりました。ミドルレンジハイエンドの機種に搭載されることが多いです。

ちなみに、HD(ハイビジョン)とフルHD(フルハイビジョン)を「同じもの」「違うものと意識していない」と言う人も多いかと思いますが、明確に違うものであり、数値的には HD < フルHD となっているので注意してください。

2K(2560×1440)

2Kディスプレイの解像度は2560×1440です。スマートフォンでは搭載されている機種が少ないですが、タブレットなどでは見かけることがあります。

同様に2560が約2000なので2Kと呼ばれています。また、前述したフルHDを持つディスプレイを “2K” と表記することもあるので注意が必要です。

そのため、売り文句として “2K” と表記された機種は、解像度をよく確認したほうが良いでしょう。

4Kで見られるコンテンツは?

4Kの解像度を持つディスプレイで「4Kで映像が見られる」と言うのは間違いではありませんが、映像を提供する動画も解像度を持っており、2Kの解像度を持つ動画を4Kディスプレイで再生しても、基本的には拡大して表示されるだけです(ただし、各メーカーで奇麗に拡大する技術が提供されていることがあります)。

また、スマートフォンによっては、4Kディスプレイであっても「4Kのコンテンツを使用している」場合のみ4K画質で、それ以外は4K以下の解像度が使われている場合もあるので、必ずしも常に4Kで表示されているわけでは無いので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました