当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

USB Type-CとHDMIを接続する変換ケーブル

パソコン 周辺機器

USB Type-Cから “映像” や “音声” を出力するための変換ケーブルを購入しました。Surface Goのような「USB Type-Cしかない」と言うデバイスでも外部ディスプレイを接続することができます。

対応デバイスに注意

パソコンを外部ディスプレイに接続する為にはHDMIを使用するのが一般的ですが、昨今のモバイルノートパソコンにはUSB Type-Cしか搭載されていない場合もあります。

これは、USB Type-Cが “映像” や “音声” の出力も可能なので、変換ケーブルなどを用いればHDMIと接続することができます。ただ、全てのUSB Type-Cで出力できるわけでは無く、DisplayPort Alternate Mode(DP Altモード)に対応している必要があります。

DP Altモードに対応しているか否かは製品によって異なるので、製品のスペックを確認するしかありません。

エレコム USBケーブル Type C 変換ケーブル (USB C to HDMI 30Hz) 0.15m AD-CHDMIBK2
エレコム USBケーブル Type C 変換ケーブル (USB C to HDMI 30Hz) 0.15m AD-CHDMIBK2
 

変換ケーブルの使いかた

特に事前の設定やドライバーのインストールは必要なく、通常のHDMIケーブルと同様に接続するだけで外部ディスプレイを認識するはずです。

Windowsを搭載したノートパソコンなどでは、外部ディスプレイを接続することでデュアルディスプレイ(マルチディスプレイ)となるので、接続後にデュアルディスプレイの設定を好みに合わせて変更すると良いでしょう。

Windows 10でデュアルディスプレイを使う方法
Windows 10などのパソコンでは2つ以上のディスプレイを使って画面を表示する “デュアルディスプレイ(マルチディスプレイ)” 機能があります。この機能を使うと複数のディスプレイに同じ画面を表示させたり、並べたディスプレイをマウスで行き...

また、接続した外部ディスプレイにスピーカーが搭載されている場合には、「音をどのスピーカーから出すか」を選択することができます。

Windows 10でサウンドの入出力デバイスを変更する方法
パソコンに複数の “マイク” や “スピーカー” が接続されていても使うデバイスを選択して切り替えることができます。逆に「音がでない」「マイクが使えない」と言った場合には使用するデバイスが選択されていないことが原因の場合があります。
タイトルとURLをコピーしました