当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

watchOS

watchOS

Apple Watchを初期化する方法

機種変更などによって使わなくなったApple Watchを売却したり譲渡したり、はたまた廃棄することもあるでしょう。そんな時は、個人データを残さないようペアリングを解除し初期化を行っておきましょう。
watchOS

Apple Watchをバックアップする方法

Apple WatchはペアリングしたiPhoneが近くにある限り自動的に行われるので意識する必要はありませんが、手動でバックアップする手段が無いわけではありません。
watchOS

Apple Watchの時刻を少し進める方法

スマートウォッチなどは自動で時刻を調整することが多いため逆に正確すぎるのが難点だったりしますが、Apple Watchでは「文字盤の表示時間を進める」と言う設定をすることができます。
watchOS

Apple Watchで文字盤上部の赤い点を消す方法

Apple Watchを装着していると「文字盤の上部に赤い点が表示される」と言うことに気が付くかもしれません。これは通知された内容を閲覧していない(未読)状態を示しています。
watchOS

Apple Watchで1時間ごとに通知する方法

Apple Watchには[音]や[振動]によって「〇時00分」などを通知する機能が搭載されています(チャイム)。何に使うのかは人それぞれですが意外と便利かもしれません。
watchOS

Apple Watchでアクティビティの通知を設定する方法

Apple Watchを装着していると「ムーブゴールを達成しました」「エクササイズゴールを達成しました」「スタンドの時間です!」などと通知が行われることがあります。気になるようであれば、それぞれのオン/オフを切り替えると良いでしょう。
watchOS

Apple Watchをロックする方法

Apple WatchもiPhoneと同様に[パスコード]を設定することができます。身に着ける腕時計を紛失したり盗難にあったりすることは稀かもしれませんが、設定しておくと安心です。
watchOS

Apple Watchを常時点灯する方法

有機EL(OLED)を搭載したApple Watchにおいて、一部のシリーズでは「時間などの情報を常に表示する」機能である【常にオン(常時点灯/常時表示)】を使うことができます。
watchOS

Apple Watchでワークアウトの自動検出を設定する方法

Apple Watchを着けて歩いていると「ワークアウト中のようですね」などと通知が表示されますが、これは設定よりオン/オフを切り替えることができます。
watchOS

Apple Watchの電源を操作する方法

Apple Watchには「電源ボタン」と呼ばれるボタンが無いため「電源を入れる」「電源を切る」と言う操作がわかりにくいかもしれません。また、フリーズなど操作を受け付けなくなった場合に強制的に再起動する操作も用意されています。
タイトルとURLをコピーしました