iPadで “メッセージ” と “無料通話” が使えるLINEアプリ

スポンサーリンク
Apple製品 アプリ

iPadでもiPhoneと同様に “LINE” アプリを使うことができます。iPhone版とiPad版の違いは、iPad版は既存のアカウントへログインできるので、iPhoneとiPadでおなじLINEアカウントを使えるという点です。また、以前は “LINE for iPad” の名称でアプリが提供されていましたが、現在では “LINE” となっています。

スポンサーリンク

LINE for iPad

iPad版のLINEはiPhone版と同様の使いかたも可能ですが、すでにiPhoneなどスマートフォンを所有しLINEアカウントを持っているのであれば、同じアカウントにログインして使用することができるようになります。また、ログインが可能なLINEアカウントは、iPhoneだけでなくAndroidスマートフォンでも問題は無いので、Androidスマートフォン&iPadの組み合わせでも活用できます。

iPadでのLINEは、メッセージの送受信がメインになるでしょうが、iPadにもマイクが搭載されているのでiPhoneと同様に無料通話などを使うこともできます。

アプリは、App Storeからダウンロード&インストールすることが可能で、以前は “LINE for iPad” の名称で提供されていましたが現在は “LINE” となっているので間違えないようにしてください。

アプリ ‎「LINE」をApp Storeで

iPad版LINEの使いかた

既存のLINEアカウントを使ってログインする場合には、事前に設定が必要となるので注意してください。また、新規登録して使うこともできます。

既存アカウントへのログインを許可する手順

  1. ホーム(友だち)より『歯車アイコン』をタップします。

    iPhoneアプリ→LINE

  2. 設定より『アカウント』をタップします。

    iPhoneアプリ→LINE→設定

  3. アカウントの “ログイン許可” をオンにします。
    画像はオンの状態でタップすることでオフに切り替えることができます。使用しない時はオフを推奨します。

    iOSアプリ→LINE

ログインを許可するやり方は以上です。

ログインする手順

例として “iPhone” のLINEアカウントで “iPad” のLINEにログインしますが “iPhone” は “Androidスマートフォン” に置き換えても問題はありません。
  1. アプリより既存アカウント(iPhone)の “メールアドレス” と “パスワード” を入力し『ログイン』をタップします。
    他に “QRコード” を用いたログインも可能です。

    iPadアプリ→LINE

  2. 本人確認より表示された “番号” をiPhoneの画面に入力します。

    iPadアプリ→LINE

  3. 本人確認に問題が無ければログインできます。

    iPadアプリ→LINE

ログインするやり方は以上です。

これで、既存アカウントを使って “メッセージ” の送受信や “無料通話” を行うことができます。また、無料通話を行う際に “マイク” へのアクセスを許可する必要があるので注意してください。誤って「許可しない」に設定しても後から許可に再設定することが可能です。

盲点として、iPad mini(第5世代 / 2019)にiPad mini 4のケースを流用すると、マイクが塞がれ「マイクが使えない」と言うことになるので注意してください。

iPadのマイクへのアクセスを許可する手順

  1. iPadの設定より『プライバシー』をタップします。

    iPad→設定

  2. プライバシーより『マイク』をタップします。

    iPad→設定→プライバシー

  3. マイクより “LINE” をオンにします。
    アプリよりマイクへのアクセスが一度も無い場合は表示されません。
    画像はオンの状態でタップすることでオフに切り替えることができます。

    iPad→設定→プライバシー

iPadのマイクへのアクセスを許可するやり方は以上です。

LINEアカウントの同時ログインは、iPad版の他にAndroidアプリのLINE Liteがあります。これらを活用することで様々な組み合わせでLINEの同時ログインが可能になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました