iPhoneの連絡先をパソコンを使わずに本体のみでグループ分けするアプリ

Apple製品 アプリ

iPhoneの連絡先アプリで直接にグループ分けすることができないためiCloudと同期して設定することが多いですが、いちいちパソコンを開くのは面倒なので専用アプリを使ってiPhoneのみでグループ分けの設定をしてみました。

スポンサーリンク

連絡先のグループ分けができない

ガラケー(従来型携帯電話)では、当たり前のようにできた「連絡先のグループ分け」ですが、iPhoneにプリインストール(プレインストール)された連絡先アプリではグループ分けを設定することができません。しかし、iPhoneで「連絡先のグループ分けができない」と言うわけでは無く、iCloudと同期してパソコンなどから操作してグループ分けをすることはできます。

このため、iPhone自体に「グループ分け」の機能が無いわけでは無く、連絡先アプリに機能が搭載されていないだけなので、別のアプリを使えばパソコンを使わずにiPhone上の操作のみでグループ分けをすることができます。

iPhoneの連絡先をグループ分けできるアプリは数多くリリースされていますが、今回は比較的に人気の高い “GContact Lite” を使ってみました。

アプリ ‎「GContact Lite」をApp Storeで

このアプリはダウンロード&インストールすると名前が “G連絡先” と表示されるので注意してください。

GContact Liteの使いかた

グループを作る

  1. GContact Liteより『編集』をタップします。

    G連絡先→ホーム

  2. 表示されたメニューより『新規グループ』をタップします。

    G連絡先→メニュー

  3. 新規グループより “グループ名” を入力し『完了』をタップします。

    G連絡先→新規グループ

    任意に “ICON” より好みのアイコンを選択することができます。

作成したグループへ連絡先を移動させることができます。

グループへ移動する

  1. 一覧より “対象の連絡先” をロングタップ(長押し)し “グループ” へドラッグ(タップしたままスライドさせる)します。

    G連絡先→連絡先→移動

  2. 対象の連絡先がグループへ移動します。

    G連絡先→ホーム

    グループに関係なく全ての連絡先を閲覧するには “すべて” をタップします。また、グループ分けされていない連絡先を参照したい場合には “未整理” をタップします。

グループの移動は “すべて” からだけでなくグループ間でも問題ありませんが、グループから除外する(外す)場合には別途の操作が必要になります。

グループから外す

  1. 一覧より “対象の連絡先” をロングタップし “〇に-” アイコンへドラッグします。

    G連絡先→連絡先→除外

    この時に “ゴミ箱” のアイコンにドラッグすると連絡先が削除されてしまうので注意してください。
  2. グループより除外され “すべて” または “未整理” に表示されるようになります。

    G連絡先→ホーム

GContact Liteの使いかたは以上です。

グループを作成してしまえば連絡先の移動はドラッグのみで行えるので直感的に仕分けができるでしょう。

参考 Androidスマホの電話帳に登録されている連絡先をグループ分けする方法

タイトルとURLをコピーしました