iPhoneの充電完了を知るアプリ

スポンサーリンク
Apple製品 アプリ

iPhoneには充電中に光る “LED” などが搭載されていないので、充電の完了を知るには画面で確認するしかありませんが、別途のアプリを使えば “音” や “振動(バイブレーション)” で知ることができるようになります。

スポンサーリンク

充電を知るには?

日本で使用されてきた従来型の携帯電話(いわゆるガラケー)では、多くの機種で “LED” が搭載されており「充電中は赤で点灯」し「充電完了時には消灯する」と言ったような仕組みになっていることが多かったです。

しかし、LEDが搭載されていないiPhoneシリーズでは、LEDの光によって充電状態を知ることができないために、いちいちスリープを解除して確認するしかありません。人によっては「寝ているときに充電するから関係ない」と言う場合もありますが、iPhoneに搭載されているリチウムイオン電池は「満充電を維持するとバッテリーが劣化する」と言われているので、充電が完了したらコンセントから外すようにした方がよいでしょう。

そこで、充電が完了した際に “音” や “振動(バイブレーション)” で知らせてくれるBattery Alarmなどのアプリをダウンロード&インストールしておくと便利です。

アプリ ‎「Battery Alarm」をApp Storeで

Battery Alarmの使いかた

  1. アプリより『-』や『+』をタップしてアラームする充電量を指定します。

    iOSアプリ→Battery Alarm

  2. そのまま充電を開始します。
    アラームの “音” や “振動(バイブレーション)” はマナーモードに依存します。また、アラーム音は『歯車』より変更できます。

    iOSアプリ→Battery Alarm

Battery Alarmの使いかたは以上です。

アプリを終了すると動作しなくなるので注意してください。

iPhoneをJailbreak(脱獄)している場合には、脱獄アプリ “ChargingDone” を使うと通知で知ることができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました