iPhoneをパソコンのキーボード・タッチパッドにするアプリ

スポンサーリンク
iPhoneの操作 アプリ

モバイルパソコンに “タッチパッド” が搭載されていなかったりWindowsタブレットを外で使いたい時などには、iPhoneを “キーボード” や “タッチパッド(マウス)” の代わりにすると便利かもしれません。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

スマホを仮想キーボード&タッチパッドにする

一般的なノートパソコンであれば “キーボード” はもちろん、マウスの代わりをする “タッチパッド” が搭載されていることが多いです。

しかし、昨今のモバイルパソコンは、サイズの関係から “タッチパッド” や “テンキー” が省略されることがあります。また、2in1パソコンのようにキーボードが取り外せる場合には、軽量化の為に本体(タブレット)のみを持ち出すこともあるかもしれません。

そんな時には、iPhoneを “仮想キーボード” や “タッチパッド” にすることができる Remote Mouse を使うと便利です。

Remote Mouseの使いかた

このアプリは “iPhone” と “パソコン” の両方にダウンロード&インストールする必要があります。また、接続にはWi-Fiが用いられるため、同じネットワークに接続している必要があります。

パソコンの準備

Windows 10を例としますが、MacやLinuxでも使用することができます。
  1. Webブラウザで “Remote Mouse” にアクセスし『今すぐ入手』をクリックします。

    Web→Remote Mouse

  2. ステップ2より使用するOSにに合う “Remote Mouseサーバー” をダウンロードします。

    Web→Remote Mouse

  3. ダウンロードしたファイルを実行し『OK』をクリックします。

    Windows 10→emote Mouse

  4. 表示された内容に問題が無ければ『Next』をクリックします。

    Windows 10→emote Mouse

  5. インストールが完了したら『Finish』をクリックします。

    Windows 10→emote Mouse

インストールしたアプリケーションは自動的に起動するはずですが、起動していなければアイコンダブルクリックして起動しておきます。

スマホの準備

アプリは『App Store』からダウンロードします。
  1. アプリよりチュートリアルを確認(右から左にスワイプ)し問題が無ければ『わかりました』をタップします。

    iPhoneアプリ→Remote Mouse

  2. 接続より『(対象のパソコン)』をタップします。
    表示されない場合は「パソコンのアプリケーションが起動しているか」「両方のデバイスが同じWi-Fiに接続しているか」を確認します。また、『+』をタップして手動で接続することもできます。

    iPhoneアプリ→Remote Mouse

  3. タッチパッドが表示され操作することができます。

    iPhoneアプリ→Remote Mouse

  4. ツールバーより『(キーボードアイコン)』をタップすることでキーボードが表示され入力することができます。

    iPhoneアプリ→Remote Mouse

Remote Mouseの使いかたは以上です。

パソコンのリモコンのような使いかたもできるので「テレビに接続したパソコンをソファーから操作する」と言った使いかたも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました