iPhoneのメモリ使用量を確認するアプリ

スポンサーリンク
検索 アプリ

Appleが公開しているiPhoneの仕様(スペック)には “RAM(メモリ)” の記載が無いことが多いですが、アプリを使うと「総容量」「使用量」「残量」などを確認することができます。

Androidスマートフォンでは本体の設定より確認できます。
スポンサーリンク

なぜ非公開なのか?

iPhone/iPadなどAppleが販売する一部のデバイスでは、搭載しているRAM(メモリ)の容量が非公開であることが多いです。

公式に言及しているわけでは無いため正確な理由は不明ですが、比較的に新しいiPhoneやiPadを使用していて「メモリが足りない」と感じる場面は少ないので、ユーザーが意識する必要は無いのかも知れません。

とは言え、Androidスマートフォンでは年々と増加傾向にあり注目されることも多いので、気になるのであればアプリを使って確認することができます。今回はApp Storeより SYSMonitor をダウンロード&インストールしてみました。

アプリ等を保存する “内部ストレージ” は本体の設定より確認できます。

SYSMonitorの使いかた

  1. アプリより『Memory』をタップします。
    OverViewでも “Total Memory(総容量)” と “Free Memory(残量)” を確認できます。

    iPhoneアプリ→SYSMonitor

  2. Memory(RAM)より “Total Memory(総容量)” を始め “Free Memory(残量)” や “Used Memory(使用量)” などを確認できます。
    画像は “iPhone 8” の数値であり機種によって異なります。

    iPhoneアプリ→SYSMonitor

SYSMonitorの使いかたは以上です。

Androidスマートフォンと比較して総容量が少ないことが多いですが、iOSとAndroid OSなど別のOSでは単純に比較できるものでは無いので注意してください。あくまでもiPhone同士における比較の目安にすると良いでしょう。

参考 iPhoneで空きメモリを増やす方法

タイトルとURLをコピーしました