iPhoneでHEIF画像をJPGへ変換するアプリ

iPhone→カメラ アプリ

iPhoneなどで撮影された写真(画像)は “HEIF” と呼ばれるフォーマット(.heic)によって保存されていることがありますが、このHEIFフォーマットは非対応なデバイスも多い為、JPGなどへ変換すると扱いやすくなります。iPhone / iPad上で変換する場合には別途にアプリが必要です。

スポンサーリンク

HEIF画像を扱うには?

HEIFとは画像圧縮形式の1つで、高効率な圧縮性能を持っています。比較的に新しいiPhoneなどで利用されていますが、撮影された画像がiPhone以外のデバイスで「表示できない」と言った不都合が生じることがあります。

これは、撮影ミスによる画像ファイルの不備では無くiPhone以外ではHEIFに対応していないことが多いのが原因です。自分で閲覧するだけであれば問題は無いでしょうが、家族や知人へデータを渡したりする場合には、より一般的に普及しているJPGへ変換したほうが良いでしょう。

変換するには別途にアプリが必要で、今回は無料で扱いやすかったLuma: Convert Heic 2 Jpgを使ってみます。

Luma: Convert Heic 2 Jpgの使いかた

  1. アプリより対象の画像を選択し『Convert』をタップします。

    iOSアプリ→Luma: Convert Heic 2 JpgiOSアプリ→Luma: Convert Heic 2 Jpg

  2. 選択した画像を確認し問題が無ければ『Convert』をタップします。

    iOSアプリ→Luma: Convert Heic 2 Jpg

  3. 変換後のフォーマット(To)より “jpg” を選択し『Convert』をタップします。

    iOSアプリ→Luma: Convert Heic 2 Jpg

  4. 変換結果を確認します。

    iOSアプリ→Luma: Convert Heic 2 Jpg

JPGへ変換するやり方は以上です。

iPhone上でアプリを使って変換すると変換前と変換後の2ファイルが作成されてしまうので、間違えないように注意してください。また、JPGはHEIFに比べ容量が大きくなりがちなので、容量を節約したい場合にはパソコンなどへコピーしてから変換したほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました