当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneで時刻などの情報を常に表示するアプリ

iPhoneの操作 アプリ

iPhone X以降のiPhoneには有機EL(OLED)のディスプレイが採用されることが多いですが、時刻(時間)などを常時表示する機能は搭載されていません(Ambient Displayなど)。そこで、アプリを使って実現してみました。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。

Ambient Displayとは?

[時刻(時間)]などの情報を常に点灯させる機能をAmbient Display(アンビエントディスプレイ)と呼びます。

有機ELディスプレイ(OLED)/は「点灯している部分のみ電力を消費する」と言う特徴があるので、[時刻(時間)]など少量の情報であれば常時表示しても消費電力は大きく変わらないとされています。

iPhoneの標準機能には無いですが専用アプリアクセスガイドで実現することができます。

‎OLEDX
‎A simple Clock/Information Interface made to take advantage of the iPhone OLED displays. Keep track of time, add a personal note, check the weather, add icons ...
iPhoneで特定のアプリ以外を使えないようにする方法
iPhoneにはユーザーが指定した1つのアプリ以外に制限をかけることが可能な “アクセスガイド” と呼ばれる機能があり、これを使うとiPhoneを専用機として使うことができます。

常に表示する手順

  1. アプリを起動すると真っ暗な画面に[時刻]などが表示されます。
    画面を一度タップし【Settings】をタップすると設定画面が表示されます。

    iPhoneアプリ→OLEDX

  2. アクセスガイドを開始します。

    iPhone→アクセスガイド

常に表示するやり方は以上です。

「iPhone 13に搭載されるかも」などと噂が立っていたので、いずれはアップデートなどで標準機能として搭載されるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました