スマホ/タブレットからWindowsへリモートデスクトップで遠隔操作するアプリ

スポンサーリンク
パソコン アプリ

windowsには “リモートデスクトップ” と呼ばれるネットワークを介した遠隔操作機能があります。通常はWindows同士で続することが多いですが、アプリを使えばiPhone/iPadやAndroidスマートフォン/タブレットなどWindows以外からも接続することができます。

スポンサーリンク

接続する側/される側

スマートフォンやタブレットからリモートデスクトップでWindowsパソコンへ接続するためには、専用アプリ(‎iOSアプリ / Androidアプリ)をダウンロード&インストールしておく必要があります。

また、接続されるWindowsパソコンはリモートデスクトップをオンにする必要です。

リモートデスクトップのような “遠隔操作” の説明をしていく上で解りにくいのが「接続する側(クライアント)」と「接続される側(ホスト)」です。今回は以下の関係で示しますので間違えないようにしてください。

クライアント ホスト
接続する 接続される
Android Windows7

リモートデスクトップでの使いかた

今回は例としてiPadから接続を行っていますが、iPhoneはもちろんAndroidスマートフォン/タブレットでも同様のことが可能です。

パソコンを追加する手順

  1. リモートデスクトップアプリより『+』をタップします。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ

  2. Add Newより『デスクトップ』をタップします。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ

  3. デスクトップより必要事項を入力し『保存』をタップします。
    入力するのは『ホスト名またはIPアドレス』が必須で他は任意です。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ

パソコンに接続する手順

  1. リモートデスクトップアプリより『(追加したデスクトップ)』をタップします。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ

  2. 資格情報より “ユーザーID” と “パスワード” を入力し『完了』をタップします。
    Windowsにログインするための “ユーザーID” と “パスワード” を入力します。先に入力済みの場合には表示されないこともあります。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ

  3. 表示された内容を確認し問題が無ければ『承諾』をタップします。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ

リモートデスクトップを用いて接続するやり方は以上です。

スマートフォンやタブレットから接続した場合、タッチパネルをタッチすることで操作することができますが、マウスポインターを動かして操作することもできます。

マウスポインターを切り替える手順

  1. 画面上部より『三(サイドメニューアイコン)』をタップします。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ→接続済み

  2. 表示されたメニューより『マウスポインター』をタップします。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ→接続済み

マウスポインターを切り替えるやり方は以上です。

ソフトキーボードを表示する手順

  1. 画面上部より『キーボードアイコン』をタップします。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ→接続済み

  2. ソフトキーボードが表示されます。

    iPadアプリ→リモートデスクトップ→接続済み→キーボード

ソフトキーボードを表示するやり方は以上です。

Windows10の場合にはタブレットモードに切り替えてタブレットから接続すれば、Windowsタブレットのように使うことも可能です。

タイトルとURLをコピーしました