Androidスマホのクイック設定ツールをカスタマイズするアプリ

スポンサーリンク
スマートフォンの操作 アプリ

Androidスマホの “クイック設定ツール(クイック設定パネル)” は、表示するアイコンを変更する機能が搭載されていますが、機種によっては「〇〇が無い」と言った場合もあるので、任意のアイコンを追加できるアプリを使うと便利かもしれません。

スポンサーリンク

クイック設定ツールのアイコン

クイック設定ツール(クイック設定パネル)は、デフォルトで数個のアイコンが並んでいますが、これはユーザーの好みに合わせて変更することができます。

ただ、変更できる内容は “機種” や “バージョンによって異なる場合があったり、人によっては欲しいアイコンが無かったりするので、自由にカスタマイズできると便利です。

クイック設定ツール(クイック設定パネル)をカスタマイズするアプリは、いくつかリリースされていますが今回は “Quick Settings” アプリを使ってみました。

Quick Settingsアプリの使いかた

タイルを有効化する手順

  1. アプリより『(対象のカテゴリー)』をタップします。

    Androidアプリ→Quick Settings

  2. 一覧より『(対象のタイル)』をタップします。

    Androidアプリ→Quick Settings

  3. メニューより『タイルを有効化』を選択します。
    メニューより『カスタマイズ』を選択すると、タイルのカスタマイズが可能です。

    Androidアプリ→Quick Settings

タイルを有効化するやり方は以上です。

有効化されたタイルはクイック設定ツール(クイック設定パネル)に追加されますが、表示されていない場合には編集する必要があります。

タイルを無効化する手順

  1. 有効化した時と同様の操作で『(対象のタイル)』をタップします。

    Androidアプリ→Quick Settings

  2. メニューより『タイルを無効化』を選択します。

    Androidアプリ→Quick Settings

タイルを無効化するやり方は以上です。

クイック設定ツール(クイック設定パネル)に使用頻度の高いアイコンを登録しておけば「いつでも」「どんな画面でも」素早く表示させることができます。

また、一部にroot化が必要な機能がありますが、root化不要で使える範囲でも多くのことができます。

タイトルとURLをコピーしました