Androidスマホをパソコンのキーボード・タッチパッドにするアプリ

スポンサーリンク
Androidスマートフォン アプリ

モバイルパソコンに “タッチパッド” が搭載されていなかったり、Windowsタブレットを外で使いたい時などには、Androidスマートフォンを “キーボード” や “テンキー” に加え “タッチパッド(マウス)” の代わりにできると、持ち物が減らせるかもしれません。

スポンサーリンク

スマホを仮想キーボード&タッチパッドにする

一般的なノートパソコンであれば “キーボード” はもちろん、マウスの代わりをする “タッチパッド” が搭載されていることが多いです。

しかし、昨今のモバイルパソコンは、サイズの関係から “タッチパッド” や “テンキー” が省略されることがあります。また、2in1パソコンのようにキーボードが取り外せる場合には、軽量化の為に本体(タブレット)のみを持ち出すこともあるかもしれません。

そんな時には、スマートフォンを “仮想キーボード” や “タッチパッド” にすることができる Air HID を使うと便利です。

Air HIDの使いかた

このアプリはAndroidスマートフォンとパソコンの両方にダウンロード&インストールする必要があります。また、接続にはWi-Fiが用いられるため、同じネットワーク上またはWi-Fiテザリングで接続します。

パソコンの準備

Windows 10を例としますが、MacやLinuxでも使用することができます。また、実行にはJavaが実行できる環境が必要です。
  1. Webブラウザより Air HIDへアクセスし『DownLoad』をクリックします。

    Windows 10→Chrome

  2. ダウンロードしたファイルを展開(解凍)し『andReceiver』を実行します。
    Windowsの場合には『andReceiver.bat』を実行しますが、わかる人は『andReceiver.jar』を直接に実行しても問題は無いようです。

    Windows 10→エクスプローラー→andReceiver

  3. andReceiverより “IPアドレス” を確認します。
    実行と同時に起動されない場合には『起動』をクリックします。

    Windows 10→andReceiver

Androidスマホの準備

  1. Google Playより『Air HID』をダウンロード&インストールします。

    Androidアプリ→Google Playストア

  2. 先に確認した “IPアドレス” を入力し『設定』をタップします。

    Androidアプリ→Air HID

  3. アプリより『マウス』『キーボード』『テンキー』のいずれかをタップします。

    Androidアプリ→Air HID

  4. 選択した項目が実行されます。

    Androidアプリ→Air HID

Air HIDの使いかたは以上です。

パソコンのリモコンのような使いかたもできるので「テレビに接続したパソコンをソファーから操作する」と言った使いかたも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました