Googleの日本語入力アプリ Gboard の使いかた

スポンサーリンク
Androidスマートフォン アプリ

Googleが提供するIME(日本語入力アプリ)の “Gboard” は、Pixelシリーズを始めAndroidスマートフォンにプリインストール(プレインストール)されることが多くなってきました。入力に関して他のIMEアプリと大きく違うわけではありませんが、特徴的な機能を数多く持っています。

IME(日本語入力アプリ)をダウンロード&インストールした場合、切り替える操作が必要な場合があります。
スポンサーリンク

GboardとGoogle日本語入力の違い

Gboardを語る上で良く上げられるのが、同じGoogleが提供する “Google日本語入力” です。

Google日本語入力とは、その名の通り「日本語の入力に特化」したIME(日本語入力アプリ)となっており、他の言語の場合には “Google Pinyin Input(中国語)” など別アプリで提供されています。

対してGboardは、複数の言語をサポートしており、日本語はもちろん中国語などを1つのアプリで提供しています。

Gboardは、AndroidアプリだけでなくiOSアプリ(iPhoneやiPad)もあります。

設定を変更する手順

アプリのアイコンは “ホーム” や “ドロワー(ドロアー)” には表示されないことがありますが、本体の設定より操作することができます。
  1. 設定の “仮想キーボード” より『Gboard』をタップします。
    アプリをインストール済みなのに表示されていない場合は『+キーボードを管理』をタップしオンにします。

    Android 9 Pie→設定→システム→言語と入力→仮想キーボード

  2. 設定より各項目を任意に変更します。

    Android 9 Pie→設定→システム→言語と入力→仮想キーボード→Gboard

設定を変更するやり方は以上です。

よくわからなければデフォルトのまま使ってみて、必要に応じて変更すれば良いでしょう。

基本的な入力をする手順

基本的には “ひらがな” の入力さえできれば変換キーで “カタカナ” や “漢字” の入力が可能です。それに加えて “アルファベット(ABC…)” や “数字(123…)” と “記号(!?#…)” を入力できれば問題は無いでしょう。

文字を入力する

キーボードは “日本語” を始め “アルファベット” に “数字” の入力に分かれており、切り替えて入力を行います。
  1. キーボードよりあa1キーをタップします。

    Androidアプリ→Gboard→キーボード

  2. タップするごとに “日本語” → “アルファベット” → “数字” → “日本語” とループして切り替わるので、タップして入力します。

    Androidアプリ→Gboard→キーボードAndroidアプリ→Gboard→キーボード

キーボードを切り替えるやり方は以上です。

記号は『きごう』と入力して変換することもできますが、別途に専用キーボードが用意されています。

記号を入力する手順

  1. 数字キーボードより!?#キーをタップします。

    Androidアプリ→Gboard→キーボード

  2. 記号キーボードが表示されるので、タップして入力します。
    元に戻す場合は123キーをタップします。

    Androidアプリ→Gboard→キーボード

記号を入力するやり方は以上です。

その他、(ニコマーク)キーをタップすることで “絵文字” や “顔文字” を入力することもできます。

特殊な入力をする手順

リアルタイム翻訳

日本語→英語など、入力した文章を翻訳して入力することができます。

Androidアプリ→Gboard→キーボード→翻訳

手書き入力

フリック入力の他に専用キーボードを追加することで、手書きによる入力をすることができます。

Xperia XZ1 Compact→Gboard→手書き入力

Androidスマートフォンの場合、製造メーカーごとにIME(日本語入力アプリ)が違うことが多いですが、使い勝手は「慣れ」によるところも大きいので、食わず嫌いせずに使ってみると良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました