当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

スマホの連絡先を二次元コードにするアプリ

スマートフォン アプリ

スマートフォンで「連絡先を交換する」と言う行為は悩ましいもので、特にiPhoneとAndroidスマートフォンのように異なるOS間では共通する仕組みがありません。そこで、二次元コードを使うと交換が簡単になるかもしれません。

二次元コードで連絡先に登録する

「二次元コードを読み取って連絡先を登録する」と言う行為は、iPhoneでもAndroidスマートフォンでも特に難しいことではありません。

そのため、自分の連絡先を二次元コードにしておき、それを相手にカメラで読み取ってもらえば簡単に連絡先を交換することができます。

二次元コードを作成するアプリは色々と提供されていますが、今回は「登録済みの連絡先から二次元コードを作成できる」「AndroidアプリとiOSアプリの両方がある」の条件を満たす以下のアプリを例とします。

QRコードリーダー・バーコードリーダー – アイコニット - Google Play のアプリ
3,400万ダウンロードされた無料のQRコードリーダー・バーコードリーダーアプリです。QRコードやバーコードを読み取るだけで楽天ポイントがゲットできる!
‎アイコニット:QRコードリーダー・バーコードリーダー
‎【ICONITの主な特長】 ・QRコード/バーコードを読み取るだけで参加できるコードラリーキャンペーンを毎月開催! QRコードやバーコード(JANコード、NW-7、Code39、GS1データバー限定型、EAN-128、ITFコード)を読み取ることでアプリ内にスタンプが貯まっていき、スタンプが10個貯まると、プレゼ...

アプリの使いかた

あらかじめ連絡帳(連絡先)アプリに自分の連絡先を登録しておくとスムーズです。
画像はAndroidアプリ版ですが、iOSアプリでも同様の操作が可能です。
  1. ホームの[便利ツール]より【QR作成】をタップします。

    Androidアプリ→QRコードリーダー・バーコードリーダー – アイコニット

  2. 作成より【電話帳】をタップします。

    Androidアプリ→QRコードリーダー・バーコードリーダー – アイコニット

  3. 連絡先を選択より【(対象の連絡先)】を選択します。

    Android 12→連絡先を選択

  4. 電話帳より表示された内容に問題が無ければ【QR表示】をタップします。

    Androidアプリ→QRコードリーダー・バーコードリーダー – アイコニット

  5. 二次元コードが表示されます。
    デフォルトの[VCARD]で上手く読み取れない場合には[DOCOMO]や[AU/SOFTBANK]に変更すると良いかもしれません。

    Androidアプリ→QRコードリーダー・バーコードリーダー – アイコニット

  6. 相手に[二次元コード]を読み取ってもらいます。
    Androidスマホで二次元コードをスキャンする方法
    二次元コードの読み取りはアプリを使うのが一般的と思われがちですが、比較的に新しい機種ではカメラの標準機能によってアプリ不要で読み取りをすることができる場合があります。
    iPhoneの標準カメラアプリで二次元コードを読み込む方法
    スマートフォンのカメラで “二次元コード” を読み込む際には別途のアプリが必要となる場合がありますが、iPhoneではiOS11ではデフォルトのカメラアプリが標準で二次元コードの読み込みに対応しました。

アプリの使いかたは以上です。

画像で保存することも可能ですが、二次元コードしか保存されないので一目で「なんの二次元コードなのか?」がわかりにくいのが欠点です。

そのため、都度に作成したほうが使い勝手が良いかもしれません。

スマホ間で連絡先を交換する方法
携帯電話(ガラケー)の時代には赤外線通信が主流だった連絡先の交換も、スマートフォンが主流となった昨今では様々な方法が登場しています。逆に言えば主流と言えるものが無いのが難点で、特に「iPhoneとAndroidスマートフォン」と言った異なる...
タイトルとURLをコピーしました